|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

男が記憶喪失になったようです15


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場ジャンルより表記一例

新ジャンル「ツンデレ」=ツン

新ジャンル「猫雪女」=猫雪

新ジャンル「こっくり」=狐

新ジャンル「居座り女騎士」=騎士

新ジャンル「アンニュイサド」=アサ

新ジャンル「姉御先生」=姉御

とらいんより不良

新ジャンル「ふたなり」=信長 二成 秀吉

男 「さってと、ただいまぁ~っとくらぁに」

ツン「はいはい、それじゃ直に着替えなさい、アタシは保険証の準備するから」

男 「あいよ、お? 猫雪何してんだ?」

猫雪「んお? お帰りじゃのう~そいじゃぬっこぬこするがいにゃー」

男 「はっはっは、すまんな。これからちと野暮用で出るんじゃ」

狐 「あら、お帰りおす男様、ってこれからどこかお出かけで?」

ツン「うん、ちょっとこいつを病院にまで連れて行くわ」

狐 「……そうやのぉ、確かに一度お医者様に見てもらったほうがええかもしれんねぇ」

猫雪「んお~」

騎士「お、男ッ! そ、その……ひ、久しぶりだなっ!」

男 「へぅ?」

騎士「し、しばらく会わないうちに、その……えっと、どうだ?景気は!」

男 「お、オス!」

ツン「あ、もしかして、騎士さん……知らないんじゃ?」

狐 「でしゃろなぁ」

騎士「き、記憶を無くすまで誰にやられたのだッ!! 言えッ! こ、この私の夫となるべき男に……」

狐 「千葉の妖怪、電柱魔人『デンチュウ』やったかいねぇ」

騎士「で、デンチュウというのか!? ぬううう……ならば騎士の私が」

男 「あの……」

狐 「ささ、ここは私が何とかしときますえ、ツンさんとはよぅ出たほうがええよって」

ツン「そうね、説明するのに物凄い時間食っちゃいそうだし、行きましょ」

男 「えっと、あの金髪姉ちゃんの言う『私の夫になるべき』とかなんちゃらは……」

ツン「……何かしたの?」

男 「き、記憶に御座いません……」

ツン「そこら辺の内容は頭治るまで保留にしといてあげるわ……」

男 「……さ、さて! 早く行かないとあの先生に踏まれていい感じになっちゃいそうだし! 出るぞ!」

狐 「あい、行ってらっしゃいまし。さてと……お騎士はん! その家の前のまあるぃ柱が千葉の妖怪ですぇー!」

騎士「こやつか!? 貴様……いざ一騎打ちを申し込む!」

猫雪「うぎ? 電柱に軍手投げつけとるがね、あのおにゃごは」

狐 「さっきまで雪かきしとりましたからなぁ、もう片手に持ってるのもスコップやのにねぇ」





ツン「……ふぅ、相変わらず騒がしい家ねぇ、アンタの家は」
男 「はっはっは、まぁ皆楽しそうだし、構わんぞ」
ツン「ったく。それにしても駅前の……この辺の待ち合わせだったわよね」

ペッペー!
アサ「遅いわよアンタ達、早く乗りなさい」

男 「……」
ツン「……」

アサ「何よ、目ん玉バカみたいに丸くして……早く乗りなさいって」

男 「あの」
ツン「これって」

アサ「シボレーコルベット。ああもう! 早く乗りなさいッ……よッ!!」

男 「ちょ、あの! いででで!」
ツン「きゃっ! た、たた」

アサ「あんま時間無いのよ、無駄なお喋りは控えなさい」

男 「え? これって座席二つじゃ……」
ツン「ちょっと! 狭いじゃないの! 男、少し前に寄せ……」

アサ「ごめんねツン、多分助手席のほうが怖いから貴方は後ろ。
   それじゃさっさとシートベルトしなさいバカ男、飛ばすから」

男 「え!?」
ツン「へ?」 ガコ ドギュルルルルル フォ





男 「……」
ツン「えう、えうっ……えう」

アサ「なっさけないわねぇ、ツンは良いとして、男でしょう? 何で涙目なのよ」

男 「法定速度って知ってるか!? 道路交通法って知ってるか!?
   車が空飛んでたまるか! そもそもこれは正規の車検を通した車なのか!?」
ツン「あ、あんまり叫ばないで……頭痛い……」

アサ「煩いわねぇ……どうでも良いから行くわよ」

男 「うふぇいふぇいえい、ほっへはひゅままにゃいれ」
ツン「うー……」

アサ「ふふ、ほんと男のほっぺたすべすべで羨ましいわぁ」

男 「いにゃにゃにゃにゃ!」

アサ「さてと、すいません……西沢先生に取り次いでもらえますか? アサが来たと」

受付「聞いてますよ、少々お待ちください……確認が取れました、8階です」

アサ「ありがと。ホラ、グズグズするんじゃないわよ」

男 「おべべべべべべ! お、おれらいひゃにゃひて……」

ツン「えっと、先生……その、男半泣きだから、そろそろ……あの」





不良「いれれれれ! は、はにゃひひゃがれぃ!!!」

姉御「離しやがれ? ふぅん、反省の色無しねぇ、この不良は」

不良「いぢぢぢぢぢぢぢ!!!!」

姉御「大体ねぇ、まだ未成年なのに、こんなモン吸っていいと思ってるの!?」

不良「にぎぎぎぎぎっぎぎ!! いりりりりり!」

姉御「ったく! この口は! ロクでも無いもの咥えて……」

不良「ひぎぎぎぎぎぎぎぎ! って! 痛ぇじゃねぇか!!」

姉御「……だったらさっさと反省文書きなさい、さっさと紙に向かう!」

不良 (んだよ……このババアはよぉ……)

姉御「なぁにか言いたそうな目ねぇ、言いたい事があったら言いなさ」

不良「……バ」

姉御 ゴシャッ

不良「――ばがうっ! ……お、おお……おおおお」

姉御「バの次は何だろうねぇ? ねぇ不良」

不良「あが、あがが。バ……バラの様に美しい先生だなぁと」

姉御「素直な子は好きよぉ♪ じゃあサービスで反省文400枚ね♪ お題はニコチンと世界平和で」



友 「そりゃっ! これでロンっとくらぁ!!」
俺 「すげぇ! 脱衣麻雀全クリなんて始めて見たぜ! なぁウエックス!!」
ウエ「そ、そんなに大声出さないで……恥ずかしいよ」
友 「おいおい、今日は男同士の友情重ねあうイベントだぜ! ぶっちゃけろって!」
俺 「まあ不良と男はちと参加出来ないみたいだけどな。お? は、始まるぜ、脱衣!」
ウエ「……ゴクリ」

信長「ふたなり! 二成はおるか!?」
ニ成「ははっ! こちらに!!」
信長「これはワシの負けのようじゃ……よってニ成脱げいぃ!」
ニ成「はは! ささっ! もっと前にずずいと! ささずずいっと!」
信長「うむ、相変わらず陰茎と菊門の間に不可思議な穴なり! よし、さらに褒美をやろう」
ニ成「はは! くりあぁ記念に某の『持ってけ甲冑』おば! では、ゴホン!」

ニ成「曖昧一寸! これはやわらかでござるか? 否ッ! 包み込んで征服、幸運でござるなぁ! 覇ァ!」

友 「……」
俺 「……」
ウエ「……」

ニ成「拙者は言う! 拙者は言う! 谷間に谷間に合体 ぬふぅ~ん」

友 「……帰るか」
俺 「……ああ」
ウエ「……うん」

ニ成「何を召し上がりますかな? 愛しておりますぞ あ、愛などと困るでござる」
信長「ええい、我慢出来ぬわ! ワシに尻を向けぃ!」
ニ成「うぐおっ! ま、まだ舞の途中でござって」
信長「構わぬわ、さてよしんば行くぞー!!」
秀吉「信長様! 本能寺が囲まれましたぞ!」
信長「ガッシ! ボッカ! 信長は死んだ カステラ(蘭)」