|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

【From 5th Chapter】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【from 5th chapter】


part1


 その日、オレは自宅の玄関にめり込む形で一晩を過ごす羽目になった
     ・
     ・
     ・
裏方雑用「はい御疲れっす~♪今日の撮影はここまでっす」
黒子『はい。男さん♪お絞りどうぞ。』

男「・・・・・・・・・・・・・・・・」

裏方「・・・・・・」
黒子『めり込んだまま・・・返事しませんね?』
ツン「え!?う、嘘?私そんなに強くやってないわよ!?」

男「・・・・・・・・・・・・・・」

裏方「と、とととととともかく引っ張るっす!」
黒子『このままじゃ危険ですしね!』
ツン「馬鹿!なにやってのよアンタ!」

男「・・・・・・・・・・・・・・・」

裏方「ん~~っしょ!おい~~っしょ!」
黒子(!!!! !!! 
ツン「バカッ!笑えないからその冗談っ!頭おかしいんじゃないのっ?
   ねえ、返事しなさいよ!こら!アホ男!バカ男!!
   ・・・・・・・なによ、、、ちょっと、、、強く、、、
   ・・・・・・・ふっ、、うう、、、やっただけじゃない、、えっぐ、、、
   ――――――なんか言いなさいよ男ぉ!!!」


  スポーン!っとくらあ

裏方「抜けたっす!」
黒子『抜けました!』

ツン「バカ!このウスラトンカチ!!トーヘンボクのトラブルメーカー!!
   ほんと、、、本当に心配したんだからね!!!」
男「・・・・・・・・・・・・・・ナイs、、、」

ツン「なに?どこか・・・痛いの・・・?大丈夫よね・・・?」

男「ナイス、、、、、ナイス・ショーツ・・・・・」
ツン(//////////////)

 一行目に戻る。(裏方「ほわわわわ!や、ややややややめるっす!」黒子『それは流石にまずいです!!ツンさん!』)