|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

姐御先生


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身スレ

新ジャンル「姉御先生」


物語

女生徒「先生、その私・・・・・・ごにょごにょ」
先生「んー、まぁそういう不安感は誰にでもあるから。皆、それを体感してるんだよ」
女生徒「やっぱり、ちょっと怖いんです」
先生「まあね。私も初めては怖くて、母のことを呼んでびーびー泣いてたもんだなあ」
女生徒「意外です・・・・・・」
先生「あはは。ま、血が出たって、命に別状はないんだ。もっと楽に考えとけ。辛いんなら保健室に直行な」
女生徒「はい、お手数かけてすみませんでした・・・・・・」
先生「気にすんな、次の授業遅れるぞ」
女生徒「はい、行ってきます」

先生「・・・・・・で、私は国語教師なんだが、何故に初潮の相談を受けねばならないのかな?」


備考

教師・生徒を問わずなぜか頼りにされる姐御肌。元スレでは国語教師。








.