|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

火銀燈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身スレ

新ジャンル「火銀燈」


物語

男 「とりあえずお前はなんちゃらゲームの為に契約がどうこうなのは判った」

火銀「おう」

男 「で、何の因果か知らんが、お前は惰眠を貪り食らうオレを空を飛んでる途中に見かけたっと」

火銀「あーっはっはっは! 思い出したら笑けるわぁ、こんなのべーんって」

男 「クッ……と、とりあえずオレを見かけたお前は、オレに空から飛び掛ったと」

火銀「光栄に思いなさぁい、ぬふ♪ さあっ! さっさと契約しやがれッ!」

男 「……」

火銀「おう? なぁに見下してやがるんだよぉ、さっさとこの指輪にキ」

男 「ガラスどうしてくれやがるんだッ! この木偶人形!」

火銀「あーッ!! おまおま、木偶って言っちゃった言っちゃった! 何だとこのぬべ男ッ!」

男 「何が 『透明で見えなかったわぁ』 だッ! このスカポ……ガフウッ!」

火銀「あーっはっはっは! 契約完了ッ! さあこの下僕ッ! 喉が渇いたわぶッ!」

男 「が、顔面を殴るなッ! く、口の所切れたじゃねぇか……ったく」

火銀「あ、あだまいでぇ……あだまいでぇよぉ」


備考

まあ、あれだ……
水銀燈がヒートになったっつうか、ハイテンションになったっつうか……









.