※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【関節強直と関節拘縮を説明し、その相違点を書きなさい】
関節強直・・・関節の構成体である骨、軟骨に原因があって、関節骨面が
     癒着して、関節可動域が制限されたもの。
関節拘縮・・・関節を直接構成する組織以外の関節胞、靱帯、筋、皮膚な
     どの軟部組織が萎縮、収縮して、関節骨面の癒着はないが、関
     節可動域が制限されたもの。
相違点・・・原因となる組織が関節強直では骨、軟骨であるのに比べ、関
     節拘縮ではそれ以外の関節を構成する組織であり、関節強直の
     場合は症状が改善されない場合が多い。また、臨床的には、運
     動療法・温熱療法で症状が少しも緩和されないものを関節拘縮
     という。

【外傷性骨化性筋炎を説明しなさい】
骨折の後遺症の一つで、外傷に関連して筋組織内、骨膜外などに貯留し
た血液が血腫を形成し、これが吸収されずに、ここに筋組織の骨化現象
が生じることがある。
上腕、大腿の各筋などに発生する。


【Volkmann拘縮を説明しなさい】
骨折の後遺症の一つで、阻血性拘縮・貧血性拘縮ともいう。主に小児の
肘関節部外傷(特に上腕骨顆上骨折)に続発する前腕屈筋群の非可逆性結
合組織性変化による筋拘縮をいう。
第一次原因は上腕動脈の血行障害と考えられる。


【小児骨折の特徴を列挙しなさい。(診断上の特徴・治療上の特徴は除く)】
1.骨膜は厚く強靭で、血行に富んでいる
2.骨は柔軟性に富んでいる
3.骨端軟骨板が存在する
4.骨のリモデリングが盛んである
5.骨損傷の治療過程で骨に過成長がおこる


【小児骨折の診断上の特徴を説明しなさい】
低年齢児であろうと、受傷原因や機序、経過等の問診が困難・詐称するこ
ともある。
骨端部骨折では、骨端核の未出現のものや骨端核の小さいものではX-P
では診断が難しいものもある。


【小児骨折の治療上の特徴を説明しなさい】
偽関節・変形性関節症の心配がなければ保存療法の対象となる。
関節拘縮はおこりにくく回復も早い。
運動療法は自動運動を主体とする。