※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十一講座:安土桃山時代

何時か

信長が将軍足利義昭を奉じて京都に入ってから(1568年)、或は義昭が京都を追放された年(1573年)~豊臣秀吉が死去するまで(1598年)、関が原の戦いで東軍が勝つまで(1600年)或は徳川家康が征夷大将軍に任命されるまで(1603年)といくつか区分がある。

詳細

人物

  • 豊臣秀吉
  • 織田信長

政治

  • 信長の力が強大化した。
  • 1590年、信長の後継者豊臣秀吉が天下を統一する。
  • 秀吉が太閤検地を行う。
  • 秀吉が刀狩を行い、兵農分離政策を進める。

文化

豪華絢爛な桃山文化

対外事情

  • 秀吉が明の征服を考え、足がかりとして朝鮮半島を征服しようとして2回軍勢を送り、2度とも失敗に終わる(文禄の役・慶長の役)


対談

皇帝ペンギンと歴史上の人物との架空の対談です。
「今回のゲストは織田信長さんです!」

「∑( ̄Д ̄ )ペンギンがしゃべってる…」

「…しゃべれなければ何のために呼んだかわかりませんよ・・・」

「まあよい、私が織田尾張守信長じゃ」

「まず、安土城の姿を精巧に狩野永徳に描かせたそうですが・・・。」

「あれね、何回も文句言って・・・かなり時間かかったんだから、あれ。」

「で、何でそんな大事なものをバチカンに送るんです?何で残しとかないんですか。」

「無言…」

「答えてください。さもないと南極に送って氷付けにしますよ。」

「そんなことしたら南極征服するよ。」

「全軍氷付けにしてやりますからご安心ください。」

「鉄砲隊の存在を忘れたか!」

「あぁ、そんときは火薬を凍らせてあげますよ♪」

以下、お見苦しい喧嘩が続くこと小一時間・・・

書きかけ

-
-
-