※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分岐
「音とは反対側へ逃げる」
aへ
「目の前の給湯室へ隠れる」
bへ

a
「雪乃を信じる」
雪乃と会う→停電→END8「暗闇の歌」
「雪乃を信じない」
エレベーターに向かう→エレベーターの中にある人形を見つける→END9「ヒトガタ」

b
「シロウサギの手をとった」
END10「ご褒美」
「シロウサギの手をとらなかった」
最終分岐へ

最終分岐
『亜莉子』
耳元で声がした
それは―――

「チェシャ猫の声だった」 →TRUE END 1「猫を連れて」
シロウサギの体を刺す→シロウサギとチェシャ猫の体が砕ける→TRUE END 1「猫を連れて」

「雪乃の声だった」
シロウサギの体を刺す→シロウサギとチェシャ猫の体が砕ける→TRUE END 2「ウサギのお守り」
「お母さんの声だった」
シロウサギの体を刺す→シロウサギとチェシャ猫の体が砕ける→TRUE END 3「真実の横顔」
「叔父さんの声だった」
シロウサギの体を刺す→シロウサギとチェシャ猫の体が砕ける→TRUE END 4「思い出の匂い」
「誰の声か分からなかった」
シロウサギの体を刺す→シロウサギとチェシャ猫の体が砕ける→TRUE END 5「微笑む男」



『僕らのアリス 君が望むなら』