※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

では、自分たちがディフェンスのときにリバースされたらどうするか?

  • ワイドレシーバー?の前にいる人は、すぐ相手の動きがいつもと違うことに気づくはずです。大きな声で”リバース!”と叫びましょう。
その後は、リバースフェイクでランニングバックがそのままボールを持つことを警戒するために、ランニングバックコンテインしつつ内側に絞ります。

  • 最初のランの反対側の人はランにパシュートしているはずですが、”リバース!”の声に反応して、レシーバーにボールが渡っても外側を抜かれないように(=コンテイン)、パシュートを緩めます。ただし、その場で止まってしまうより、ボールが渡されたらすぐタックルできるように、コンテインに気をつけながら絞ったほうが良いです。レシーバーは勢いに乗ってくるので、気をつけないと外側をまくられます(=コンテイン失敗)

  • セイフティの人は、前の人が絞ってしまうので、全体に意識を広げて安全側で守ります。

なんども出てきたように、肝は”コンテイン”です。