※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイテムの使用法



実際にアイテムを使用する際に、便利なマクロをご紹介します。

通常、アイテムを使用する際は、アイテムウインドーからドラックしてUSEするのが基本ですが、戦闘中などの緊急時にはパニくって間違うことが多いかと思います。
そこで、MENUウインドー(もしくはショートカットウインドー)に登録して見ましょう。
こんなことは知ってると思いますが、一応解説しますと

アイテムウインドーから、登録したいアイテム(例では包帯)をMENUウインドーにドラッグ&ドロップします。




そうすると、ショートカット登録されます。




右クリックしてエディターを起動するとこんな感じです。
アイテムを使用する際は、【useitem】というコマンドを使用します。
これで、「ショートカットを実行すると、対象に包帯を使用する」状態になりました。
これでも使えないことはないのですが、戦闘中に自分をターゲットしなおして包帯を使うのは非常に不便です。
そこで、このように記述してみましょう。




このマクロの【<1>】というのは、自分に使用するという意味です。
これで、「ショートカットを実行すると、自分に包帯を使用する」というマクロが出来ました。
同様に、テクニックや魔法にも応用できますので、戦闘がスムーズに行えると思います。


ターゲットを指定する



先ほどご紹介した【<1>】ですが、これは書き換えることも可能です。
例えば、【キャラ名】とすると自分以外にもキャラを指定することが可能です。
ペットの名前を指定しておくといいかもしれませんね。

また【<1>】は、数字を変更することでパーティーメンバーを指定することが出来ます。
【<2>】以降は、パーティーに加入した順番に対応していますので、


/useitem[バンデージ]<2>


とすると、1番始めに加入したキャラにバンデージを使用する事になります。
ただ、混乱しやすいので、おさは使用しません(笑


アイテム欄を指定してみる



アイテム名を指定しないで、アイテム欄を指定して使用することも出来ます。
例えば


/useitem 1


とすると、アイテムウインドーの1番目のアイテムを使用することが出来ます。
アイテムウインドーの並び順は、左上から横に順次1→2→3となって、右下が最後になります。

回復アイテム等は、アイテム名を指定して使うほうが間違いがなく確実ですが、後述する装備変更マクロでは、装備名を毎回指定する必要がないため、使いやすいかと思います。
アイテムを入れ間違えたらそれまでですが、ね。