※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
沖縄発祥の歌のひとつ
知っている人は多いと思うけど、
隠された意味があるのを知っている人は
どれくらいいるんだろう

おいらは隠された意味の存在は知ってたけど、内容は知らなかったよ

今回たまたま内容を知ったので書いておこう

(でいごの花が・・・)
1945年4月1日 春が訪れ
沖縄本島に米軍が上陸した
(でいごが咲き乱れ・・・)
でいごの花が咲く、4月から6月
米軍の侵攻が続いた
(繰り返す哀しみは・・・)
米軍の残酷な殺戮は
寄せては引く波の様に繰り返された

(ウージの森で・・・)
サトウキビ畑で出会ったあなた
(ウージの下で・・・)
防空壕の中で永遠のお別れをした

(島唄よ 風にのり・・・)
島唄よ 海の向こうの本土まで届けておくれ
亡くなった人々の魂を、沖縄の悲しみを
(島唄よ 風にのり・・・)
島唄よ 海の向こうのニライカナイまで届けておくれ
(わたしぬ涙・・・)
亡くなった人々の魂を、私の思いを

(でいごの花も散り・・・)
1945年夏 たくさんの尊い命が散った
今はあの悪夢が嘘のように静かだ
(ささやかな幸せは・・・)
幸せな日々の生活は
はかなく消え去った

(ウージの森で・・・)
サトウキビ畑で一緒に歌い遊んだあなた
(ウージの下で・・・)
防空壕で自決する前に泣きながら故郷を歌った

(島唄よ 風にのり・・・)
島唄よ 風にのって
魂と共に 海を越えて
(島唄よ 風にのり・・・)
あの人の居るニライカナイへ
届けておくれ わたしの愛を

海よ 宇宙よ 神よ 命よ

(このまま永遠に・・・)
今、あなたを思い、永遠の平和を祈る
平和を祈る
永遠の平和を

※歌詞はアレなんで引用にしました
 気になる人は元の歌詞と比較してみて下さい


作者に本当にこんな意図があったかは知りませんが
妙に納得したよ



カテゴリ: [] - &trackback- 2006年01月31日 22:28:57
  • これは2回書いてます
1回目これを咳と戦いながら1時間かけて書いた後に
マウスの異常な動きによりリセットされた後の嫁の一言
「なに遊んでるの」
正直ムカツキました -- 管理人(仮) (2006-01-31 23:10:47)
名前: コメント:
#blognavi