※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
訳あって土日を名古屋ですごしてきました。

土曜日にしたことはまた後日書くとして・・・

今日(日曜日)は、実家の近くにあるユニーへ行ってきました。
親の食料買出しの付き合いってやつですね

昼過ぎに起きて飯を食ってなかったからまずはマックへ、
なんと、そこにホワイトバンドつけた人がいるじゃないですか
はじめて見ましたよ・・・とりあえずちらちら見ときましたw

そのままキッズコーナーに行って、毎度おなじみUFOキャッチャー・・・
300円でぷーさんGETしたものの、子供がいないとなんだか恥ずかしいのでたまたま目があった子にあげときました。

で、ふらふらとおもちゃ売り場へ(おいらは子供か?w)
そこに前から探していたものが無造作に置いてあるじゃないですか、
その名も

「生きた化石 エビ伝説(2億年前からやってきた古代生物)」

サブタイトルは ~カブトエビ飼育キット~

こんなん↓


あの、シーモンキーって知ってます?
水槽の中に粉をいれるといつのまにかちっこい生物が誕生してるってやつ。
子供のころすっごい不思議に思ってたんだよね。
なんで粉いれるだけで生物誕生するんだ?!って
で、今回1000円で買っちゃったこのエビ伝説ですが、
これと原理は一緒っぽいかな。

乾燥させた卵が入ってて、それを水にいれると成長が始まるってかんぢ?
栄養やらなんやらを溶かした水じゃないと駄目なのかな?

こいつははじめはほんとにちっちゃいけど、一月たてば30mmぐらいまで成長するとか
取説にある特長は
カブトエビは恐竜たちよりもっと昔の時代から地球にいたようです。昔からほとんど姿が変わっていないので、シーラカンスと同じように「生きた化石」と呼ばれています。
「生きた化石 エビ伝説」にはカブトエビの卵と飼育に必要な水そう、カブトエビのエサ、カブトエビの成長に欠かせないウッドチップ、栄養が入っています。カブトエビを元気に育てるために、この「カブトエビの育て方」をお父さん、お母さんと一緒によく読んでください。
だそうです。

一人で読んじゃいましたが、お父さんとお母さんにも読ませないと駄目でしょうか?w

どこで育てようかな・・・家?会社?
水温を22~26度にしなきゃいけないから会社は厳しいかな・・・

何気に観察日記とかつけてみますか
そしてこのHPの一部にしてしまいますかw


カテゴリ: [] - &trackback- 2005年08月21日 21:21:34
名前: コメント:
#blognavi
  
添付ファイル