※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
日曜日に「修理完了」の連絡を受け、今朝に宅急便でW-ZERO3Esを受け取りました。

受け取ったのが11:00頃。
修理内容は
「OS再書き込み」
だけでした。

「再書き込みくらいでここまで時間を取るなよ…」とお約束のように思いながら、

1.完全フォーマット
あくまで「念のため」です。

2.オンラインサインアップ
同封の書類にも「必ず行って下さい」とありました。
まぁ、完全に初期化してるでしょうから、これも当然でしょうけどね。

3.デフォルトメーラーブラウザ設定
今回は「Opera」&「アウトルック」を選んでみました。
不具合うんぬんもあったのですが、どうしても「DELキーひとつでメールを削除できない」という仕様がなじめないからです。

4.設定繁栄のための、強制リセット後、再起動
ここで、再起動中に「再起動画面でハングアップ」状態に。
完全に修理に持ち込む段階と同じ状況になってしまいました…

ここまでに要した時間は15分(笑)
再起動画面で30分放置した後にあきらめて、ウィルコムプラザに電話しました(^^;;;

ここまで再発が早いと、逆にすがすがしい気がするくらいですよ。ホント(^^;

●ウィルコムプラザの窓口担当者の話
「ウィルコムプラザの窓口でも、SHARPから修理が上がった段階で起動チェックは実施した」
「他にも同じような状況の修理がある」
「現在、SHARPでも、原因の特定中だが、特定できてない様子」
「2回目の修理は、システム基盤を差し替えて行う予定」
「すぐに(優先で)修理を行うので、伝票ごと着払いで端末を送付して欲しい」
という話でした。

正直、速攻で再発したのは残念ですが、ウィルコムプラザの対応は自然で、納得がいきました。
#最短で今週中には、何らかの形で結果が出てくるそうです。

あとは、SHARPが「原因を究明できるか?」という問題があると思います。
是非とも安心して使えるようにがんばって欲しいと思います。

というわけで、まだまだWS003SHは現役になりそうです。



カテゴリ: [雑記] - &trackback- 2006年09月18日 22:39:26
  • はじめまして。原因不明というのがイヤですね・・・原因がハッキリしてスッキリ使えるといいですね。 -- るい (2006-09-21 13:04:24)
  • そうなんすよね。とても良い端末なだけに、スッキリしない現状がつらいです。 -- OMI (2006-09-22 10:04:02)
名前: コメント:
#blognavi