※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

補助電脳とは、電脳技術の極めて初歩的な技術のみで構成された、文字通り、主に人の脳機能を補助する役割に使われる装置である。電脳?の名がついているが、どちらかというと、超小型携帯端末に分類される。センダイ・メガテク・ボディ社の製品がもっとも一般的である。

補助電脳の仕組み

いわゆる侵襲タイプで、超小型電極を脳内に埋め込むことで脳内神経の電位を取り出すものである。そのため、開頭手術が必要である。とはいえ、電極のサイズha
極めて小さく大規模な手術は必要ない。脳表電極による脳波測定装置の延長技術に近い。
脳から取り出された電気信号は、手のひらサイズの小型端末へと接続され、端末内のコンピュータがさまざまな処理を施すことで、脳機能の補助を行っている。端末内には支援AI?が組み込まれている製品が大多数で、補助電脳自体の機能性は支援AI?に依存しており、AIの性能がよいほど補助電脳としても優秀なものとなった。

現代における補助電脳

つくりが単純で安価に入手可能なため、低所得層に人気がある。また、熱や外界からのショック、浸水等に強いため、野外活動を主とする職業では、電脳?化した上で、補助電脳を接続し、ポータブルコンピュータの代わりとしている者もいる。