M9/OKC3S Bayonet


第一次世界大戦、第二次世界大戦、ベトナム戦争などでは各国の軍隊の兵士が銃に取り付けている
場面をよく見かけることができましたが、現代では近衛兵などが装備している場面しかあまり
見かけなくなってしまったのがBayonet、言わば銃剣です。
ただし今でも最前線の兵士が銃剣を装備している事例もあるようでイギリス軍や復興支援として
派遣されている自衛隊などが銃剣をつけている場面を見ることができます。

PRではv0.9より一部の正規軍に銃剣が追加されました(中東連合軍、ロシア連邦軍、カナダ軍、イスラエル国防軍を除くアメリカ陸軍、
アメリカ海兵隊、イギリス軍、中国人民解放軍)
リーチは長いのでナイフ単体よりは有利なのですが、銃剣を選択すると取り付けるところからはいる
為攻撃が可能になるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。