RKG3は通常の破片手榴弾と違い
戦車などの装甲車を破壊する目的で開発された対戦車手榴弾です。
対戦車といっても現代の戦車に対してはほとんど効果はありませんが
軽車両に対しては十分な威力を持っているため中東の紛争地帯等で使用されています。

PRでは主に非正規軍によって使用されています。
普通の破片手榴弾と違い、投げる距離が短く爆発範囲も狭いかわりに
着弾と同時に爆発し、軽車両に直撃させれば一撃で破壊することが可能です。
なお装甲車両に対しては若干ダメージを与えられるようです。