本銃はドイツの大手銃火器メーカーH&Kが開発したもので、 ドイツ連邦軍には1996年に正式採用されました ゲームに登場するG36はKも含めてA1とされていますが 実際のA1はアッパーはフルフラットレイルでハンドガードにはKACのRASを採用したものであり、 二階建てキャリングハンドルとこのハンドガード仕様のものは最初期に登場したG36、いわば無印になります。 ちなみにこのキャリングハンドルに搭載されているスコープおよびダットサイトはいずれもあのカールツァイスヘンゾルト社製のもので、 ダットサイト部分はレーザーサイトも搭載された複合モジュールになっています。 ゲームでは二種類のオプティクスとリフレックスの二種類のライフルマンが存在し、 前者がスコープを、後者がダットサイトを使用します。 PR屈指の集弾性能を誇り、接近戦においても高いファイアレートを誇るためそうそう撃ち負けることはないでしょう