※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

当日準備する物をまとめておきます。


現金

お金はいくらあっても足りるということはありません。
アタッシュケースに入れて行く位の心構えは必要です。
間違っても息子の貯金箱には手を付けてはいけません。ホールで小銭を出すのに苦労します。嫁のへそくりであれば問題ないでしょう。

移動

移動に自動車やバスなど乗り物は使わないようにします。
大負けしたときは帰り道どしゃぶりの雨の中歩いて帰りましょう。

服装

あまりオシャレはしないようにします。
香水なんてご法度。
夏は短パン。冬はトックリが最適です。
銀行同様、ニット帽に黒サングラスはいけません。

弁当

みんなトイレに行くふりをして食事をしています。
自分の台からトイレまでのおよそ10秒が食事時間と考えるとよいです。
素早く口に入れられる物が良いでしょう。

ホールに着いたら、やっておきたいことがあります。


挨拶

元気な声で『ッザァッース!』です。
ホールスタッフは9割方体育会系です。元気な挨拶をするだけで好印象を持たれます。
大音響に負けないように。
前日までに一度は練習しておきましょう。

出入口のチェック

何が起こるか分かりません。
素早くホールの外へ出られるように出入口のチェックは怠らず。

お客

パチンコ店を通してお客同士でお金のやりとりをしています。
ちなみに売り上げの2割程が店に入ります。
残り8割をめぐって争っています。
不審な人物はいないか。羊の皮を被ったプロはいないか。
などチェックしましょう。

店内POP

店内には宣伝用のポスターが貼られています。
”毎週月曜日はパチンコ大爆発デー”、”魚魚魚デー”など‥。
いわゆるイベントというやつです。
店がオススメ台を教えてくれているというわけです。
実際には月に1・2度の開催イベント以外は無視した方が身のためです。
毎日のようになんらかのイベントをしている店は近寄らないように。

台選び。


機種

数百台の台が設置してあると思います。
様々なメーカーより様々な機種が出されています。
パチンコホールに必ずというほど設置している機種があります。
”海物語”というやつです。
右から左へタコやエビがやたら流れている台があるはず。
人気No1ですので、初めての場合は海物語が最適でしょう。

同じ機種といえど多少の優劣を付けられています。
それが”釘”というやつ。
丸い盤面にたくさんの釘が刺さっていますね。
釘と釘の間隔を調整することで優劣が付けられます。
釘を調整するヒトのことを釘師と言います。
彼等はミリ単位で調整可能な技術を持っているため台の優劣を見極めるにはそれなりの努力と経験それから感が必要となります。
初めての場合は”感”に頼りましょう。

既に台が取られている場合

□椅子に誰か座っている
□盤面の下には2ヶ所物が置けるようなスペースがあります。そこに携帯、鍵、タバコのいずれかが置いてある。
□スペースに玉が入っている。

台周辺にある設備。さりげなく利用するために。


椅子

どこのホールの椅子も似かりよったり。
床に固定されてありグルングルン回るタイプ。
座る前に背もたれ部分を掴み前後に勢いよくゆすってみます。
しなやかな動きの背もたれであれば合格です。
ガタガタするようであれば退店します。
次に座面。人差し指と中指の腹を使い1,2,3と強めに押します。
しばらく凹んだままであれば退店します。
パチンコ店の椅子に過度な期待をするのは間違っていますが、腰に負担の掛からない椅子を設置している店を探しだしましょう。
社長椅子>>>パチンコ椅子>>パイプ椅子

ドル箱

パチンコ台の下に色の付いた透明な箱が置かれていると思います。
おしゃれな洗面器ではありません。大当りした時に玉を入れる箱です。
持って帰らないように。

TV

最近では1台ごとにTVが見られるようになっている店もあります。
TVを見ている間は隙ができやすいです。
他の客や店員がその隙を見逃すはずはありません。
慣れないうちはTVはオフにしましょう。

カップ

半透明なカップが設置されている店もあります。
コーラを注いで乾杯するための物ではありません。
玉をドル箱から台へ運ぶための玉入カップです。
利用していると上品な感じをかもしだすことができます。育ちの良さをアピールしたい場合には利用してください。