※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 915 :名無しの心子知らず:2011/02/25(金) 10:47:27.83 ID:f/GxlK9F

解決済み。 
縁故採用やプリン話もあるので、正義感や道徳心強い人はスルーで。 

実家の会社の通帳と印鑑が盗まれた。 
支払いのために通帳を確認しようとした母が盗難に気付く。 
即座に銀行へ停止の連絡。 
事務員のシンママA美がその日から失踪。 
子供は実母に預けっぱなし。 
おおごとにしては面倒なので、警察には届けず。 

というのは、シンママA美は父の恩人の友人の愛人。 
恩人経由で友人に連絡が行き、A美は二日後に確保。 
「生活が苦しくて」と泣くA美に、お手当出していた友人が激怒。 
仕事できないサボリ魔のA美に腹を立てていた父と母が 
これ幸いと「さすがに面倒見切れないから」とさっくり解雇通知。 

「銀行でお金を引き出せば犯人がばれる、どうして気付かなかった?」と聞かれたら、 
「そこまで考えていなかった。逃げればいいと思った」と言ったA美。 
「逃げて子供はどうするつもりだった?」と聞けば、 
「実家は裕福で、姉夫婦も収入が多い。あっちの生活の方が幸せ」と捨てる気発言。 

母はこのままA美がパトロンに捨てられることを予測し、 
このまま解雇したら身を持ち崩すんじゃないかと心配していたが、 
私の「もうとっくに崩れてる」の一言で考えるのをやめたらしい。 

ブランド化粧品買うのと、豪勢な外食するのと、旅行行きまくるのやめたらお金余るよA美さん。 
旅行自慢するし子供の話しないしで、子供いるなんてまったくわからなかったよ。誰も教えてくれなかったし。 
20代前半だと思ってたら、30歳超えてたのもびっくりしたよ。 
「承ります」が読めない30代一児の母がいるなんて誰が思うか。