※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

衆院選で東京12区から次世代の党公認で立候補している元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)は5日、自らの離婚訴訟に関する週刊誌報道について、フェイスブック(FB)で「話に一方的な部分がある」と正面から“反撃”した。

 5日発売のフライデー(12月19日号)は「田母神候補の『不倫→離婚』ドロドロ裁判は選挙より凄い!」と題した記事を掲載した。

 記事によると、田母神氏は、30年以上連れ添った妻と2人の子供がいるが、5年ほど前に出会った50歳前後の女性と恋仲になり、一時は自分の秘書にした。2年前に田母神氏は妻と離婚して女性と結婚しようとしたが、妻は拒否して離婚訴訟に発展した。衆院選投開票3日前の12月11日に東京高裁の判決が下る予定だという。

 訴訟では、田母神氏は「女性と出会うはるか前から事実上、夫婦関係は破綻していた」と主張しているが、妻は破綻を否定した上で「夫は女性から受けた魔性の籠落攻撃に我を忘れて夢中になった」などと反論したという。

 報道を受けて、田母神氏はFBに「フライデーの記事を読んで」と題し、「一方的な部分があるので現在結婚しようと思っている女性を守らなければならないと思い、私の見解を表明します」として過去の経緯について詳細を綴った。

http://www.sankei.com/politics/news/141205/plt1412050032-n1.html

 

 本日「田母神候補の不倫→離婚」というフライデーの記事が出ました。話が一方的な部分があるので、現在結婚しようと思っている女性を守らなければいけないと思い、私の見解を表明しておきます。

 私は妻との関係が上手く行かず自衛隊在職時代から退官したら離婚するという意志を固めていました。妻は私の親族とは全く付き合ってくれないので私 の長男としての立場がありませんでした。付き合わないどころか私の母や妹たちの悪口まで言うので一緒にいることが不愉快なのです。彼女は私の父の兄弟が何 人いるのかも知らないのです。私の父は平成13年12月に、母は14年の4月に病に倒れ、母は8ヵ月後の14年12月私が統幕学校長のときに亡くなりまし た。父は4年半の闘病生活の後、平成18年5月私が航空総隊司令官時代に亡くなりました。この間現在の妻は、東京から2時間半もあれば行ける福島県郡山市 に、私に促されて、日帰りで一度だけ見舞いに行ったきりです。両親は長男の嫁である私の妻にたった一度の食事の準備もしてもらうことなくこの世を去りまし た。

 私は自衛隊を辞めた後、ほとんど妻のところに帰ったことはありません。叔父の家などで生活させてもらっていたのです。突然の退官後、航空幕僚長の 官舎にあった私の荷物なども妻の住む自宅には送らず、東京に住む叔父と友人の自宅においてもらうことにしたのです。離婚を決意していたからです。その後現 在交際している女性と知合い、結婚してくれるようお願いしました。両家の親族に対する紹介もすでに終わっており、親族もすでに了承しています。冠婚葬祭も 行き来して、両家の親族とも夫婦として付き合っています。しかし妻は離婚調停には応じてくれないので裁判で現在係争中です。3年前の政治集会では妻は私が 現場にいないときに、すでに弁護士を立てて離婚の話をしていたにも拘らず、田母神の妻と名乗って皆様に挨拶をしていたのです。私が登壇させたわけではあり ません。

 正式に離婚の始めてからすでに5年以上経ちましたが、東京家裁の一審で、夫婦生活の破綻は認めるが、33年の結婚生活に対し5年半の別居では別居 期間が短すぎるという理由で離婚は却下されました。現在控訴して12月11日の判決を待っているという状況です。もちろん妻の生活の面倒は私が見ています し、離婚後も生活が成り立つように相応の負担には応じるつもりです。

 週刊誌などでも何度か面白おかしく報道されましたが、現在交際中の女性が私にとっては一番大事です。彼女を守らなければいけないと思い、今回私の 思いを表明しておきます。彼女に篭絡されたなどという事は全くありません。結婚は私のほうからお願いをしたのです。そして彼女は私のために待ってくれてい ます。彼女には大変迷惑をかけて本当に申し訳ないと思っています。

 子どもたちも裁判に巻き込まれて本当に可哀想だと思っていますが、長女、長男とも現在普通に付き合っています。娘の陳述書も妻の弁護士によって書 かされたものなのです。しかし私の離婚の意志は固く、もう妻との生活に戻ることは出来ません。我ままですが、私も心が休まる温かい家庭が欲しいのです。時 間が解決してくれると思いますが、どうか皆様、静かに見守っていて下さるようお願い致します。

平成26年12月5日  田母神俊雄

http://www.tamogami-toshio.jp/news/detail.php?id=33