Quest of D 戦士 計画的コンテ術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

計画的コンテ術とは・・・

幾ら脳筋でも、闇雲に突き進み力尽きることもある。
コンテする所、状況を選ぶだけでかなり難度が変わることもある。

以下はコピペ。

あとモイトラ等の長くてきついダンジョンでは、時には潔く餓死するのも戦略の一つ。

1:ENが既に0で死にかけ
2:ルームガーターである
3:ダンジョンの真ん中位でまだまだ移動に時間を割かれる
4:この先暫く回復の泉が無い
5:強敵ぞろいで回復してもすぐにやられてしまいかねない

…このような状況なら一旦コンテして無敵EN消費免除時間の間に段位スキルや全方位等を駆使して状況打開した方がいい事も。
1回までならランクSも取れるし、ボス戦の為に回復残すだけでも結構違うぞ。
但し倒れる前にマイアイやスチボデ等のスキルをカレントするのを忘れずに。
2.0からSSランクが追加され、この方法は通用しなくなってしまった。


コンテした後は

コンテした直後数秒は無敵&EN消費免除時間が存在する。
コレを有効に使わない手は無い。

基本はルムガタなら出来る限り敵を引きつけてからコンテ。
ENを消費するスキルを一気に使う(スチールボディ、マインドアイズ、スピードアップ等)
その頃にはモンスターもかなり近寄っていると思うので全方位で一気に吹っ飛ばし、状況打開を図る。
全方位とスキルが逆でも良いが、百式(ハンドレット系)を入れている場合は必ず後にすることだ。

又、全方位等で調子に乗りすぎ時間切れでENを消費してしまわないように。

成長の実

コンテしたとき一つ懐に落ちる、Lvを上げるアイテム。
カード枠が残っていれば次Lvが上がった時まで持っていて、上がったらすぐに使うようにすると無駄が無い。
しかし持っている状況で、又コンテしてしまうと出現しないので注意。

その場で使う場合も出来れば後回しにしたほうが良い。
最低でもEN消費免除が終わってから、ルムガタなら終わってからでも問題ない。
但し、通路で餓死したならスキル使い終った直後に使用しても差し支えない。