Quest of D 戦士 サポートジョブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サポートジョブ

ver.2.0になって、システムが大幅に変更された。
その中でも、今までの戦略を大きく変える物がサポートジョブだろう。
メインジョブの他に任意のサポートジョブをつけることにより、ある程度限定はされるもののそのジョブのスキルを使用することが出来るようになる。
詳しくはhttp://www.geocities.jp/greatrelief0903/を嫁。まとめてくれた神に感謝!
Ver3ではサポートジョブレベルが最大15まで引き上げられ更なる強化も可能になった。


僧侶

ソングオブパワー、ヒーリングなど、使い勝手の良いスキルがそろっており、戦士とは相性のよいサポートジョブと言えるだろう。

魔法使い

サポートジョブの魔法スキルで大ダメージを出すのは難しいがグランドシェイカーなどにより、転倒、凍結、スタンなどの状態異常を狙って安全を確保するには十分期待できるだろう。
またライトニング(サンダー)チェインを使うことで、戦士の天敵であるガーゴイルへの対抗手段となる。
一人で忘却や悠久に行くなら持ち込んでおいて損は無いだろう。

盗賊

有用なコモンスキルがないため、最初はあまり使えないかもしれない。盗賊向け装備品の補正緩和程度だろうか。
(強いて言えばバックロールで、レベル1でEN8消費、最終的には6消費で無敵状態になれる)
サポートレベル10になってから使用できるようになるアンコモンスキルで、どの程度まで変われるか?
ラック使用でのクリティカル狙いと、マインによるスキルとの連携攻撃、さらにはインビジブルで伏兵も…。
どれも大化けする可能性を秘めているが・・・。
又は元々高いSTRとスピードアップによるDEXブーストをフル活用してチャージショット弓兵になるか?