※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ウルトラSFアクション?』

ということで、劇場公開作「ベクシル2077日本鎖国」のDVDが発売されました。
パッケージの帯にそのようなことが書いてあるんだけど、某公安9課とか、某リンゴの種とかみたいなのを期待しているとカウンター喰らう事間違いなし。

アクション「売り」にしているように見えて、実はアクションが少ないのである!!困ったちゃん!!

とまぁ、前回のブログでは劇場公開当日に行って見てきたときの感想とほぼ同じということで。

とはいえ。

「映画は二度見る」

俺の格言。

…。

劇場で見て、文庫版ベクシル(ベクシルの過去の話)注:新人作家さんの作。を読んで今に至るんですが、アレから(文庫~劇場作)色々あったんだろうナァなんて想像しながら見てたらそりゃもう…。

楽しくて楽しくてニヤニヤしまくりでしてねええへへへへへへえ!!!

…。

まぁ、全く面白くないわけではなく、見ると「とんでもない意外な」展開が楽しめる、SF作品です。

一回だけ見たら多分ちょとわからないかも?という感じ。

曲がとてもよいのです。うん。最高。


次は「エクスマキナ」のDVDマチ!!

…様々な事情を抱えたために劇場に見にいけなかった…。