※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ゲームの中じゃ、皆戦争好きよね』

そりゃそうさ!ゲームだから!
仲間との連帯感を感じるもヨシ!
個人スキルを磨いて孤独な英雄になるのもヨシ!

そんな時代だからぁああああああ!!!!!!!!


はい。というわけで。
まぁ、FPSの定番は戦争モノ、あるいはSFモノとなっていて、特に戦争モノが主流となっとります。
やはり、海外のやることは壮大で凄い。そして作るのハェェ!!

そう。主にアメリカ!
米国産というゲームは=洋ゲーとされ、洋ゲー=クソゲーという時代があったために、日本じゃなかなか受け入れられないという悲劇が結構あったりなかったり。

ところがギッチョンチョン。
アサシンクリードといったような、新しいアクションを生み出したりと、侮れなくなってきているゲーム市場。日本はWiiのせいでヌッルイモノばかり出回ってきている傾向が。

それは置いといて。
せんそうだぁ!!ゲームでせんそうなのだぁ!
近未来の戦争をゲームの中で生み出したという作品がついに、登場します。
其の名も、「Frontlines MP(仮)」?
このゲームでは、ちょっと先の未来での戦争ではこうなるだろうということで、様々な変わり者兵器が登場するそうです。
ターミネーター3に出てきたような、小型無人VTOL機のようなものをとりあえず確認。
さらに、多数の兵器は「プレイヤーが扱える」という、涎モノの仕様。
現在体験版ではその一部がオンライン対戦で楽しめ(接続状態がかなり悪い)、カッコいいヘリ、カッコいいー戦車、超カッコいい装甲車などが登場。
特にヘリは操作性抜群で、カッコいい!!

他にも、なにやら長方形のゴッツイ物体を地上においてポチッとなとすると、変形して!!ガトリング砲台となったりしちゃったりでもー!!

ありえなくはない、近未来の兵器登場っす。

まぁ、こういうものが現実化する日が来ないことを祈りたいネ。
うん。


それにしても。攻殻機動隊の世界観でFPSやったら、世界一になると思うんだけどどうだろう。(何度願い続けている事かッッッ!!