※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『一巻という存在こそ、最も売れるものである。多分』

というわけで、会社の先輩が面白いから読んでみーっていうから、ちょこっと読ませてもらった【バカとテストと召還獣】。
すらすら読めるし、テンションもテンポも高いので読んでて楽しくなってしまいます。
そこで一巻から購入しようと、札駅周辺に行ったついでに周辺の本屋に行ったら。

まぁ、売ってないですよ。大型書店でも。
一箇所売ってたけど、一巻【が】売ってナインダモノ。

ライトノベルとか漫画とか、メジャーなものならそこそこ手に入るけど、ちょっとでもメジャーじゃなくなると売ってない大型書店。まぁ、だからこその専門店があるわけで。
明日余裕があったら行ってこよう。聖地へ!

ところ変わって、ヨドバシッ。

アップルシードの第二弾こと「エクスマキナ」のDVDを買い忘れて買いに言ってきた。
そんなわけで見た。

前回のアップルシードの世界観を引き継ぎ、新たな監督、ジョン・ウー氏プロデュースで作られた3Dアニメです。
今回も勿論、前作の主人公、相棒、そのほか前作のサブキャラもしっかり出てきます。
何はともあれ、アクションシーンが満載!!
ジュン・ウー氏プロデュースはここで発揮されてるのか?!
奥深いストーリーと圧倒的な画像力によるアクションシーンは、かつてないエンターテインメントなのである!
モーションキャプチャーによる動作の取り込みは勿論。

この作品のクライマックスの戦闘シーンは、あまりにも予想外すぎてニヤニヤしまくりですよ。

そして。「アップルシード」テレビアニメ化決定だそうです。2009年春予定。劇場作品ではほとんど見られなかったデュナンやブリアレオスのプライベートが見られるのか?!
楽しみです。