※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『10年という月日』

今からあの頃のことを思い出すと、常に新しい演出、仕掛け、ストーリー、映像、とにかく様々なものに驚かされていた時代だった気がする。

というわけで、プレステゲームアーカイブスに次々と追加されるPSの作品。
その中でついに動き出したタイトー。
PCエンジンのバーチャルコンソールまで始動し始め、いよいよこれはタイトー祭りの予感。
そこでH12は「レイストーム」「レイクライシス」が追加されたゲームアーカイブスに投資。その二つを購入。(実はアインハンダーも買っていたり)

いや。PSのソフト持ってるけどさ。男だろ?

今やっても、なんでか面白い。面白いものはいつまで経っても面白いもんだと、改めて実感。
10年という時間はPSをPS3まで進化させたが、シューティングというジャンルは随分衰退したなぁ、とシミジミ。
最近はCAVEとマイルストーンがアーケードでがんばる姿を良く見るけど、どうも、ねぇ。
昔のシューティングはとにかく【魅せる】という点でシューティングというジャンルならではの演出が次々出てきていた。
そう考えると、ああ、華やかなコアゲーム人生はもう終ったナァ、と実感。
コアなゲーム=売れない時代になっているので、作る側も大変なんだろなぁ。

ただ。そんな最先端技術を駆使したゲームや、ファミリー向けゲームが市場を独占しつつある一方、ファミコン時代を生きてきた僕らに朗報です。

ファミコン「ロックマン8」の続編、新作「ロックマン9」がWiiWAREで発売されることに!!
時代を彷彿させるファミコンのドット絵。ゲーム性。
ちょっと残念なのは、1000ptというちょっとお高めな設定金額。
しかし、これは決して高いのだろうか、と考える。
完全新作の【ファミコン】と言っても相違ないこの作品、良く考えたらたとえドット絵だろうとファミコンの音源だろうと、【一つのゲーム作品】には変わりない。
この「ロックマン9」がヒットしたら、もしかしたら「初心」に皆帰って少しはゲーム市場も熱くなるかもしれない。

だが、ここに大きな問題があった。

H12は、ロックマンが【アクションゲーム史上三本指に入るほどの苦手】なのである。…もともと2Dアクション苦手だけど…すき。ウフッ。ごほっ!

ガンダムバトルユニバースの体験版がネット上からダウンロード可能に!!
気になる内容はなんと!!!!

詳しくはプレイしてみよう。