※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『逃走中』

ベイエリアをドライブ。
警察に発見される。

さあ、カーチェイスのはじまりだぁぁああああああああ!!!!!!!


とマァ、どーしても気になっていたゲーム「ニードフォースピードアンダーカヴァー」を買ってみた。
正直不安だった。EAのゲーム当たり外れありすぎ。
とまぁ、ニードフォースピード(以下NFS)シリーズは結構有名なタイトルだし、人気もある。
今回は原点に戻るということで、「ストリート」つまり公道でのバトルが繰り広げられることに。

さてまぁ、通常のレースゲームであれば、コースがあってラップ数があって、順位があって、なんだが、このゲームは特殊すぎるんです。

馬鹿みたいに広いMAP。市街地、ハイウェイ、小さな町…というのが「一つのMAP」になっており、自由に行き来ができてしまう!!
プレイヤーはこの広大すぎるフィールドを自由に走るもヨシ、草レースに参加して金稼ぐもヨシ、そしてメインのストーリーを進めていく。
ところがただの公道バトルではない!!

【ポリスメン】の面々があちこちにいます。

普通に走っていて【スピード違反】をすれば当然追いかけられる!!
捕まると金をとられペナルティ、そして車没収の刑まであるという、苛酷さ。
捕まらなきゃいいんダケド!!
入り組んだ市街地で警察を欺き逃げ延びるなど、逃亡劇が【ショッチュウ発生】して急がしすぎるゲームです!!
いつのまにか車両をマークされていて出会い頭に【発見】されて【追い掛け回されて】捕まって…。

肝心の車の挙動も悪くなく、出演車種もUS、EU、JPの代表的車が参戦。インテRもあるよ!!

ほんと、MAPがとんでもなく広いです。入り組んでます。
普通に走りきろうと思っても無理だと思います。警察強すぎです。舐めたらあかんとです。

どういう経路を使って逃げ延びるか、などMAPを覚える楽しさもあるので、ちょっとしたカーチェイス映画の主人公気分になりながらゲームが楽しめるゲームになっとります!

ちなみに360版購入。
オンライン対戦もあり、とにかくやり応え十分すぎるNDSアンダーカヴァー。
レースゲーム大好きっ子さんはアドレナリン噴出しまくりです。ヤバイデス。