※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ナグレ』

次のTANKは…君だ。

ということで、L4Dの対戦モードやってて思ったこと。
感染者側が不利な場所結構あるナァ、と。つか、対戦モード難易度高いのに、生存者側でさっさと行っちゃう人とかマジ簡便。死亡確定ジャマイカ。
対戦だと協力しなくていいとか思ってるのかね。どうなのかね。
マァ、なんにしてもTANKが回ってきて生存者を殴りまくる爽快感はなかなかいいんだけど、TANK一体じゃ太刀打ちできないのも事実。普通にキャンペーンやってればわかるけど、TANK足遅い。追いつけない。
地形と味方を駆使しなければならないからムズかシイヨ。
つか、1周の対戦でセーフルーム出た瞬間必ずTANKってなんなんだ。升か。升なのか?よくわからんがこういうパターンもあるのか…?進めねぇよっと。

ま。ゲームだし。楽しめりゃイイネ。

ついでに普通のキャンペーンで実証したかった、デストールのフィナーレ、セーフルームに戻れちゃうというやつ。
戻れたけど…うーん。
ゾンビ大量に来るのはフィナーレの家の周辺からなので、セーフルーム周辺には現れず。(大量に追ってくるけど)
まぁ後はTANKさえなんとかなれば永遠にゾンビ狩れるのかなぁ、と思ったら甘かった。
COMは脱出を優先するので、たとえゾンビが追いかけてこようとゾンビの中を走り抜けて脱出しようとする。
何より。
TANKが2体いた!!!!
フィナーレ脱出イベントのTANK三週目は倒しても倒してもTANK祭り。ゾンビも沸き続けるので、どう考えてもコレ、倒しきれネェ…。

サテマァ。なにやら韓国ではゲーム大会に賞金出してプロゲーマーというのが一つのトレンドとなっているようだけど…。

何をもってプロと呼ぶべきか。

そもそもゲームを好き嫌いしていたらその時点でゲーマーじゃねぇだろ、というのがうちの会社のメンツが考える一つの提案。
好き嫌いせずあらゆるジャンルを愛してこそ真のゲーマー。
まぁ、それはおいといて。
ゲームの大会はよくあるけど、一種のお祭りみたいなもんだと思ってるナァ。日本のは。
大体、プログラム上のもので争ったって結局やること制限されるんだから、戦略どうのこうのっつーか、限界あるだろ、と。
言うなればリュウに挑むバイソンには限度あるだろ、という。
マァ、トニカクアレネ。プログラムで作ったものなんだから結果としてパターンキマッチャウヨネ。テレビでリアルタイムのシミュゲー1000パターン近くの戦略が熱い!!っていうけど、それ…多いのか…?とマジデ疑問符。1000て。スクネェッテ。
いくらコンピュータが発達して凄いゲームが出来てきても、嗚呼、将棋とかチェスってのはその点無限の戦略アルヨナァ、考えた人すげーなー。と。
ゲームは所詮ゲームダヨナァ。楽しめりゃ良いもんだし。
それをカンコックでは賞金かけてやってるんだっていうから笑っちゃうよね。そりゃ死人も出るぜ。一日に3時間の試合?疲れる?体力づくり?

ハッ!!笑わせんじゃね!!たかだか3時間がなんだ!?こちとら一日5時間以上ほぼ毎日画面に向かってすきでもないうぼー!!


プロゲーマーは25歳が引退のライン!?ハッ馬鹿いってんじゃね!!30超えても化け物みたいなやつごろごろしとるわ!!

マァねぇ。何をもってプロゲーマーと呼ぶかは自由だけどねぇ。ゲーマーって言うんだからゲーム全般出来ないとねぇ。それとも、アスリート的な意味合いなのかねぇ。

…。

どうでもいいなこの話。