※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『なんとも言えない』

というわけで、本日「初音ミクproject DIVA」が発売され、とりあえず買ってみた。
30曲程度が公開済み楽曲と新規曲があわせてあるそうで。
とまぁ、公開済みというのはあくまでも「ネット上で聴けるインディーズさんの製作物中心」でありながら、CDに収録されているのもあるようなので楽曲に不満が無い、ということにはならなかった。

抑揚のない、ごく平凡な曲が案外【多い】。

まぁ、ボーカロイドなので微妙なボーカルの強弱などの表現はないので、そう聴こえてしまうものばかりではあるんだし、【プロが楽曲提供しているわけじゃないし】。

肝心の音ゲーの部分が割りと大味で、「メインは音ゲーではなく初音ミクのPV」。PV流れているところに何を押すか流れてきて押すだけなのだが!
PVのせいか、処理オチ気味で【押したタイミングと合っていない気がする】ことが頻繁に。というか、いまいち普通のときでもボタン押したときの感覚と音が合っていないような…?

とまぁ、個人的な感想としては【初音ミクが好きじゃないとどうすることもできない】。手持ちのMp3をメモステに入れてオリジナル音ゲーをエディットできるが、これがまた使い勝手が悪い。まず、再生させたいMp3のBPMを設定しなければならないのだが、これがなんでか【手動】。
メトロノームがあるが、音が小さく楽曲を流しながら設定しようとすると、メトロノームの音がまったく聞こえない。
なので、BPMの設定が【最大の壁になっている】。
と、そこはPCのツールで「BPMを計測」すれば解決するんだが、よく考えたら【昇天ビート】は勝手にBPM計測してたなぁ、と思う。
BPMさえわかっちゃえば、あとはボタンを押すタイミングを設定したりムービーの演出を設定したりするだけである。
楽曲を再生しながらリアルタイムでボタンを入力してつくることもできるので、ボタンの入力に関してはあまり気にせず。
ムービーは根気と【愛】。うん。うん?

マァ、気合あればなんだって出来るさ・・・。

しかしまぁ、なんとも他人にオススメできないゲームだなぁ…。