※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『わたしは帰ってきたぁ!』

さて、AC3ポータブルが発売。エースコンバットじゃなくて、アーマードコア。
PS2版のAC3をPSPに移植した、というだけのもので基本的にPS2版と中身が変わらない本作。
ただでさえ操作が難しいACであるのに、PSPでボタンが足りない上、PSP独特の操作感でどうやって遊ぶのか不安になりつつ、買ってみた。

思いのほか、普通に遊べる。

操作性が悪い、とは言いがたくエースコンバットXのほうが操作難しいような、と思うくらい。
問題は操作性ではなかったのだ。
ゲームの中身だ。
そもそもAC3のミッションがつまらない。
ミッションに失敗したり放棄すると、一部のミッションを除いてそのミッションは【クリア】したことになってしまう。成功しようが失敗しようが、ストーリーはすすんでしまうという仕様。
そして難しい。(下手なだけとも言う)
セーブロード繰り返せば何度も練習できるが、そんな手間かかることしなきゃいけないんかーいと思いつつ、二週目になれば普通に出来るかなぁなんて。
マァ、ゲームはAC3そのままなので、ACが好きでPSPの操作性をモノともしないツワモノであれば普通に遊べるのでは。
今後、AC3シリーズの作品が二つPSPに移植される予定で、そっちでデータ引継ぎ可能だとか。

ガンダムvsガンダムがPSPで出てますが、中古で1550円で売っていたので買ってみた。
安さの原因は出来の悪さらしいのだが、MSのバランスが悪い以外に気になるところは特に無い…と思いきや。
通信対戦がメインであるはずなのに、3人集まって対戦してみると。

メチャクチャ処理オチしてるがなー

遊べないほどじゃないが、明らかにゲームとしてオカシイレベル。
よくもまぁこんなのを製品として出せたなぁと考えさせられるのだが、これが限界だということなのか。
4人対戦は遊べない程度だとも言われているし。

とまぁ、対戦が苦痛なだけでゲームは面白い。
ファースト~逆シャア、F91、V、G、W、種とそれぞれの主人公ガンダムが勢ぞろい。おまけで00のエクシアもいる。
それぞれの作品をモチーフにしたMAPでは、各作品の主題歌が流れ、キャラクターも良くしゃべる。
なので、ガンダム好きならいいかなー、と。
何はともあれ、ガトーが名台詞とともに核弾頭を撃つのは感動モノです。

という、PSP事情。