※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ウシロノショウメンダアレ?』

引き続きH12がオススメする360ソフトのコーナー。

FPSとホラーが見事に融合したホラーFPS「FEAR2」。
通常のFPSのように、銃を撃ちながら敵を倒しさまざまな困難を乗り越えていくのですが、そこにホラー要素をストーリーとゲーム上の演出で融合させたという、それってL4Dじゃないのか?と思われる皆さん。

この「FEAR2」はまさに、恐怖。

前作が日本では【PCでしか発売できなかった】ほどの驚異的ホラー作品で、このゲームのホラーの原点はなんと「リング」などに代表される【ジャパンホラー】であり、それがストーリーとゲームに見事に融合してます。

なので、海外製ホラーFPSとはいえ、ホラーの要素はまさに【恐怖】そのもの。

主人公は謎の少女アルマの怨霊に追われながら、自分が追われる理由や一連の事件、アルマという少女の真相など、さまざまな謎を解きながら、困難に立ち向かうというストーリー。

FPSなので、敵兵が出てきて銃撃戦が基本となります。
主人公は倒した敵の武装を拾いながら、とにかくもてる限りの装備で敵を倒しまくって先へと進み、道中襲う【怪奇現象】(ジャパンホラーな演出満載)を潜り抜けていきます。
FPSの部分がとにかくよく出来ているので、FPSとしてだけでもかなり高評価となるかもしれない。敵にはパワードアーマーという強敵がいたりと、単調にならないような敵配置がいい。自分もパワードアーマーに乗れるシーンもあるのだ。

ホラーの部分は【ほんとに怖い】。(H12の感覚ですが)FPSなのでさらに臨場感UP。
銃撃戦が止んだと思ったら周囲が突然静かになり…主人公は静かな建物の中を散策するのだが…。

出来ればヘッドフォンを装着すること!

怖いです。視覚的にも聴覚的にも精神的にも。(H12の基準ですが)
残念ながらストーリー上の都合なのかCOOPはなし。
オマケ程度なのか、マルチプレイでの対戦モード搭載。対戦はホラー一切関係ないという…。

FPSが好きで、【ジャパンホラー】な恐怖を求める方には推奨な「FEAR2」。
どうですか、FPSホラー。B級ゾンビホラーではない、真の恐怖体験。