※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『まったく』

今月というのはなんて魅力的なゲームが豊富に発売されるのだろうか、と金が無いので出来る限り我慢した結果、360はしばらくL4D2が楽しいのとF3がぼちぼち進んでるんで新しいゲームは見送り中。ただ、アサクリ2もモダンウォーフェア2も前作ともどもプレイし、ダイ絶賛したゲームなので気になるんだが。マァ、イズレ。

さて、ではなんのゲームを買うか。
というか、予約していた。
「ファンタシースターポータブル2」(PSPo2)
PSO時代からのファンなので、注目しながらとにかく予約特典目当てで購入。
今作はベースをファンタシースターユニバース(PSU)、それにDSのファンタシースターZERO(PSZ)の要素、ファンタシースターオンライン(PSO)の要素をふんだんにちりばめ、さらにいい感じにMIXされたゲームシステムがウリである。
本家PC(PS2)PSUをはるかにしのぐ?ボリュームのアイテムとミッション、新たなデザイナーによって生み出された【カッコいい衣装】など、本家をはるかに上回る(ほんとに)出来がウリ。
本家本家と言っていますが、今回のPSPo2の開発は、アルファシステム。
そもそもPSP版はアルファシステム。
前作は本家とさほど差が無く、ボリュームもそれほど多くなかったのでプレイしごたえはいまいちだったが、今回は本家のストーリーが完結していることと、本家の運営の迷走っプリ(特にボッタクリ課金システム)に業を煮やしたのか、PSP版の今作はとんでもない出来。
【PSUユーザーが抱えていたモヤモヤが一気にスッキリ】
そんな感じ。とはいえ、100%とも言えないけど、いや、でも完全新作と言っても良いくらいの出来である。
ストーリーは本家の3年後のストーリーなので、PSUを知らなくてもなんとなく本家のストーリーがソウダッタノネーくらいで判断していいかと。
つか、本家のストーリーはとにかくひどいわけであるが。

そんなPSPo2。
当然その人気は会社にPSO時代から広まっており、本家PSUでH12とともに活動している同僚および上司も購入している。
そんなわけで、当然一緒にプレイしようとなるわけで。
本日は通称「マック」で、3時間半に及ぶマルチプレイを仕事終わりに展開。

恐るべきは【時間を忘れてやってしまうほどの盛り上がり】。

まだまだ序盤なので、時々やろうね、なんて先輩が言っていましたが、確かにこれだけ盛り上がったのは【本家だともう何年も昔】だったような。つか、ここまで盛り上がったか?PSU?。。。

いやまぁ、PSUの出来の悪さが改めてわかってしまった本作。

【誰もが言う。何でPSPo2をPCでやらんのよ】

と。