※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『声は届かない』

ああ、もう、俺達の声はとどかネェんだ。んだんだ。
まぁ、仕方が無いといえば、はいソレマデヨ。

なんかね…。

仕事全般に対するモチベーションが【一瞬でもゼロになったんだよ】。


…。

【一瞬、農家で平和に過ごす自分が見えたんだよ!!!!!】


(つω`)思い過ごしならいんだべ…。

何だろね。やっぱ、世の中【理想】しか見えていないと【現実】にやられるね。ウーン、ほんと、現実ってのを直視させられた気がする。
なんつーかね…。

一言も、何も言わずに淡々と月日がなんか流れちゃってなかったことになってんじゃねぇかボケェエエええええええ!!!!!!!


とね。まぁ、声は届かないですよ。つか、届いたところでナンジャラホイか。

労い?なんすかそれ美味しいですか?

なんだろね。たとえるなら。

ああ。

これはあれだ。

悪い意味での…【ハムスターの回る歯車みたいなアレ】だ。
意味が無い。何も無い。どこへも着かない。走っても走っても同じところ。
どんなにモチベーション上げて、少しでも努力しても、結果、何もねぇんじゃんねーの…これ。

つか。なんでほんと。

なんかほつれた糸みたいに、なんかの拍子に【プッツン】しそうだわマジで。


…。

すみません、本気すぎる愚痴でした。
そして続く。
もうね。さり気ない行動で【ここまでやられるとは】。向こうは不本意かもしれんがな!!!!

ウーン。いよいよ精神的に【キツクなってきた】。
変化しない理想より、変化する現実に生きなければ【あっという間に消えちまいそうだぜ畜生】