※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『わけわかめー!』

さて。更新しようとしてるのに、MMF2で気づいたら時間がなくてまったく更新できずにいます。

ま。大したネタないけどな!

…。

とりあえず、土曜日午前3時くらいに布団に入ったけど、敵の出現方法やら動きやらどうしたらいいのか、さっぱりわからんので考えてたらそのまま朝。早朝6時くらいにケンプファー2巻読んで、そのまま読みきって朝8時。部屋の中が暑くて汗がベトベトしてたからシャワー浴びて、テレビつけたらワンピース。

【………何コレ………】

土曜日に不覚にも見てしまった寸劇版「怪物君」並に【なんじゃこりゃ】な話で、まぁ仲間とはぐれてどうのこうのって…。…何回はぐれるんだよこいつらは。そして二人のキャラのエピソード15分ずつ。正確には10分くらい?

とにかく。

【何コレ】

日曜。暑い。暑すぎるぞ畜生!
集中力もたねぇよ!

と、MMF2でスタソルを再現しようと四苦八苦しまくりのほわわさん。
自機のショット動作は終わっているので、あとは敵を出してやればいいのだが!

【敵の動きって…アレ?】

敵の動き考えてたら、もうこれ、【プログラムやってるのと一緒じゃねぇかよ!!!!】

と気づく。
なんといってもMMF2の動作作成はかなりいい加減で、適当に引いた線の上を敵が動いてどうのこうの。
スタソルを再現するなら画面中央で回転したり、飛んだり跳ねたりさせたいので敵の座標に直接数字ぶちこんでやればいいんだろうけど、もう、わけわかめ。

とりあえず、敵の弾の動きを応用するしかないのか…?

うーむ。

本格的にやり始めると…。

【結局プログラム組むくらいの思考能力いるんじゃねぇか】

と、いまさら毒づいてみる。

しかしまぁ、プログラムより全然、わかりやすいことも多い。当たり判定は自動で読み取ってくれるし、敵を発生させたい場所を直接選べたりなんだり。スクロールするマップ構成が凄く楽だし。

敵の動きと管理さえうまくいけば、スタソルへとさらに近づけるはず!

がんばらなければ。
スタソルが完成したあかつきにはいよいよ…、本格始動するか!?零翼。