※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『頭脳』

脳は使わないと衰えます。
なので使いましょう。

というのも。
今日、会社で『数独』というパズルをやる機会があったのでやってみました。

おもしろいです。

どんなものか簡単に説明しましょう。

数字を入れるマスが、3x3を1セットとしてそのセットが縦横三つずつ。
つまり、縦横に数字を入れるマスが9つずつあるということです。

こんな感じ。

□□□ □□□ □□□
□□□ □□□ □□□
□□□ □□□ □□□

□□□ □□□ □□□
□□□ □□□ □□□
□□□ □□□ □□□

□□□ □□□ □□□
□□□ □□□ □□□
□□□ □□□ □□□

空白部分はわかりやすくするために空いているだけなので、実際はありません。

このマスに1~9の数字を入れるのですが。
3x3の1セットには必ず1~9の数字が重なることなく入ります。

158
372
649

こんな感じ。

そして、全ての3x3の1セットに同じように数字を入れるのですが、ここからが難しい。

  ABC DEF GHI
 ①   ②   ③
A □□□ □□□ □□□
B □□□ □□□ □□□
C □□□ □□□ □□□

と、よこに三列並べて説明。実際は縦にも9マスあります。
さて、1セットに数字をつけさらにわかりやすく。

まずは、①に数字を適当に入れてみましょう。


 ①   ②   ③
A 174 □□□ □□□
B 628 □□□ □□□
C 593 □□□ □□□

実際、問題が出されるときには①にも数字は入っていません。詳しくは後で。

②、③に数字を入れる場合気をつけなければいけないのは、数字を置く列に同じ数字を入れてはいけないということ。

つまり、②の中に1を入れるとき、Aの列には絶対1は入りません。①のAに1があるので。
ということは、1はBかCの列にしか入りません。
と、いったように。
列の中でも数字が重なってはダメ。

横の列9マスと縦の列9マスは、1~9が必ず入ります。これもルール。

簡単に問題。

  ABC DEF GHI
 ①
A □□□ 6□□ 2□□
B □2□ □□3 □□1
C 3□□ 1□□ 6□□

D □□□ □1□ □□□
E □41 □□□ □□□
F □□□ □□□ 1□□

G □□□ 5□□ 7□□
H 1□□ □□4 □□8
I □□□ □7□ □□□

実際、こんな感じです。でも、オープンしている数字はもっと少ないと思います。

①について解答してみましょう。
「1」を入れたいと思います。
縦の列と横の列で重なってはいけないので、全体をよーくみましょう。
すると、①には「1」を入れる場所が限定されます。
どこか解かりますね。

そう、縦Aの横Bに入ります。
 ↓これ。
□1□
□2□
3□□

とまぁこんな漢字で数字を入れていって、見事全ての数字が縦に1~9横に1~93x3に1~9と重ならなければクリア。

さて。
さっぱりわけわからん説明を延々とやっていてもどうしようもありません。

ぐーぐるで「数独」と検索してさっそくれっつとらい。


映画情報~。

『サイレン』の予告怖いです。ゲームも出るそうです。

『最終兵器彼女』の予告見たら、なんかすげー違和感があります。セリフとかVFXとか。だべ?

『ナイト・オブ・ザ・スカイ』はフランス版トップガン。ミラージュ2000が使用されているようです。

『銀色の髪のアギト』は、間違いなくDVDで見ることになります。

その他、私信など。

アップルシードは近日中にでもー。暇な時でー。

追伸:書き込んだら、□とか数字とかばらばらになっちゃった!!