※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『零翼は眠らない』

隊長はなんて良いタイミングなんでしょうか。

実は、零翼のリメイクをやっている最中だったのです。現在進行形。

その名も。

『零翼・改』 (ぁ

対最終戦用に改装された零翼という設定なんですけど。

とまぁ、零翼にもバリエーションもたせようと今作成中です。


雪風見ました。
レンタルやってなかったのでどうしようかと思ったら、某ブックオフで2900円で第一巻が売られてました。
丁度300円割引セール中だったのでつい買ってしまいました。
なんだか、ますます第一世代のシューティングを感じます。
二巻以降は…なんとかして見ます。GEOに行ってみるかな。


最近のイヤホンはすごいですね。
というわけで新しいのを買いました。
前回この日記でも御紹介した、密閉型イヤホン。
耳の穴にフィットし、外に音が漏れることがないので安心。
耳が痛くなる心配も無く長時間の使用に優れた一品。

と、いうように御紹介しました。

さて、何故今回新たに買ったかというと。

前回買った、SONY製密閉型イヤホン。
音が出る場所が二箇所、つまり二股に分かれているコードの保護皮膜。
この皮膜が…。

ぐにょぐにょのへにょへにょ。

皆さんも御家庭のイヤホン、あるいは黒い皮膜を纏ったコード類をお持ちでしょう。
しかし、触った感触は『硬い』と思います。
ところが、SONY製密閉型イヤホン、気づいた時にはその皮膜がとんでもなく『やわらかく』なっていました。

ぐにょぐにょのへにょへにょ。

おかげでちょっとした外部からの刺激で裂けてしまい、中のコードが丸出しに。
そんなもの使ってられません。
SONY製はやっぱりダメですね。こういうの。

というわけで今回は同じ密閉型を購入したわけですが、安心と信頼のPANASONIC(松下)様の商品を購入しました。
SONY製よりも御値段のほうが若干高くなっておりますが、安心と信頼を考えると高い分なんてちっともなんともありません。
さて、ここまでだとまだ凄さが伝わっていませんね。

なんと今回買ったイヤホン。
従来のイヤホンと違い、『絶対に首から落ちない』のです。逆さまになれば落ちますけどね。
というのは、従来のイヤホンは耳から外れればスルスルスルリと落っこちてしまいます。

ところがどっこいこの松下製は一味違った!!

なんてったってイヤホンが両耳から落ちても下に落ちないんだよコレが!!

まずコードが輪になっていてその輪から右と左に音が出る部分がひょこっとでている!!

なので耳からおちても輪の部分が落ちないから絶対に落ちないんです。
なんで今までこういうのが無かったのかと疑問に思うくらい便利なストラップ型イヤホン密閉式。
イヤホンがぽとりと落ちるのに腹が立っているあなた。
多少は値がはるこの商品、試す価値ありますよ。

木製マネキン(小)を買ってきていじくっていたら左足首がポロッととれて、足怪我しないか心配なH12が若干本性を現しかけながらもお送りしました。