※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『対空戦闘用意!!』

はっ!!??昨日日記書いてない!?

はいというわけでね。昨日は眠くて眠くて眠かったので。

さてさて。
すっかりハマってしまっている「涼宮ハルヒの憂鬱」。
アニメもスゴイということで、月曜深夜ながらも、録画しつつ観てしまいました。
ちょうど学園祭の話で、深夜で眠くてポケーッと観てたんですが。

…。

なんだありゃ!?(キョン)

中盤のCM明け。

…。

…!!

…!?

…!!!!

・・・。

…うおー!!

ということです。(何

いや。ほんと。
学園祭のイベントのシーン、軽音楽部が演奏して歌うシーンなんですけどね。
『ハルヒ』出現、マイクの前。

まさかっ!!??

ドラムからギター、ベース。

む。本格的じゃないか。随分と気合入ったシーンだな。

そろそろサビです。

平野さん(ハルヒ役)熱唱!!!!

ヤベェ!!曲カッコイイしこの人歌うまいし!!

この歌が終わるまで、まったく身動きがとれなかったほど、聴き入ってしまいました…。
いや、ほんとなんつーか、す、スゲー!?

スゲーとしか言いようがないんですよ!?
いや、これはほんと。ビックリ。1シーンのためにこんなスッゴイ曲出すとは…。ちなみに二曲ありました。
で、その放送から二日後の今日。
その曲が発売されました。買いました。アタリマエー。恋のミクル伝説も収録!!

いやー。で、本編ってどんなん?って貴方。
ワリとシリアスなストーリー。
面白い。うん。

ということで、久々にとんでもない良い曲に出会えてほんとほんとよかったよかった。


はい。

2003

発売日  タイトル  メーカー
1/28 ケツイ 絆地獄たち ケイブ
4/24 式神の城II アルファシステム
4/25 BORDER DOWN グレフ
11/7 PSYVARIAR2 THE WILL TO FABRICATE サクセス・スコーネック
11/13 ESPGALUDA ケイブ

2002年を境に、徐々にシューティングが薄れていく気配が。
そして僕のやる気もヨレヨレに。

と、オモイキヤ。
いってみよう。

【ケツイ】

大往生に続き、今度は新システムでCAVEらしい作品が登場。
とにかくメカメカメカ。戦艦もいるよ!!
程好い難しさの弾幕と、とことん破壊のCAVE節大炸裂作品。
実は、登場以来それほど注目されていなかった作品なんです。一般的に。
わりとあっさり姿を消した…。と、オモイキイア!!
ここ1、2年で注目されてます。
昨今の【萌】路線CAVEを受け入れられない、男達が【ケツイ】オモシレー!!と、熱くなってます。
さて、それが如実に現れたのは『無視姫』が出てから。
なんであれは移植されてケツイは移植されないんだ!!??
なんとかサントラは出ましたが、駄目でした。
大往生以来、ケツイ以外は移植し続けてきたのに!!(ガルーダ2とピンクSは知らん)
マダデナイー。ツカデネェナ。タイトーマジック。です!!
そんなこんなで、いまだにゲーセンに置かれていると、結構プレイされてますね。
面白い。ほんと。

【式神の城2】

式神人気が一気に爆発した第二弾。
綺麗な絵、有名声優によるボイス、NAOMI基板です。
対ボス戦は必ず、キャラクター専用の掛け合いがあったり、2Pプレイを実行すると、組み合わせで喋るなど、超おしゃべりシューティング。
げーむが面白いか、面白い…と…お……おもい・・・ます。
はい。
ちょっと前までスッカリ毛嫌いしてましたからね。あんなんキャラゲージャン!!って。
なんで変わったか?
そりゃあんた。【無視姫】出たらこっちがどれだけ良く出来てるか…。あんな人形まで…。【鋳薔薇】はもう…。
ということで、完全に意識が変わってしまいました。
キャラゲーだろうがなんだろうが、作りこまれてストーリーできてて、音楽も実は良くて、最大のお気に入りはラスボス戦だから!!ラスボスの演出カッコイイから!!
それだけでs
PS2版、PC版、DC版…ってあったっけ。

【ボーダーダウン】

グレフ。
無名…に近いメーカーが登場。
さて、ここで一つ疑問が生じました。
というのは。
ボーダーダウンは、かつてタイトーから発売された【メタルブラック】を彷彿とさせるシステムがあったから。
BGM担当が、数年ぶり?のあのZUNTATA(元)【YACK.】氏だったから。
調べてみたところ、なんでもメタルブラック作った(というか、タイトーのしゅーてぃんぐちーむ?)チームがタイトーから独立したそうな。(スターシーカーというクイズ?のをボーダーダウン以前に出していた)
YACK.氏も他方で活躍していたようで、ボーダーダウンで久々のげーむ楽曲。
当然、サントラは大好評。アレンジ版まで出る反響ぶり。
げーむのほう。
NAOMI基板。
なんと、横スクロールアーケードシューティング!!!!
お魚さんがついに次来るか!?と期待されたほどでした。
ま、その辺はタイトーの事情を察してください。お魚さん、永遠に。
さて。
この作品。
超速攻消滅です。
【死ぬと難易度上がるとんでもないシステム】搭載。
まず、げーむ開始時に好きなボーダーを選ぶ。
緑、黄、赤。
プレイヤーは1ミスごとに一つ下のボーダーに落ち、赤でミスするとゲームオーバー。
各ステージにこの3つのボーダーが存在し、それぞれステージ構成が違い、難易度も違います。
ということで、緑を進み続ければ、って思いますよね。無理だよね。どこかで死ぬと一個下に落ちるんだから。
その場復活じゃないから。(この辺、昔のシューティングみたいで…いい)
で、下に落ちると難易度上がり、酷い目に。
ところが。
各ステージに設定されている、ノルマ。
一定のスコアを稼ぐ事で達成でき、達成すると一つ上のボーダーに上がれるのです。
ただし。ノルマキビシイッ!!
二面まではアドリブでいけますが、三面から死なないしか考えられネェ!!
初心者には、オススメできません!!!!まじで!!
音楽イイヨ。
DC版として移植、アレンジモード搭載、クリアリプレイ搭載。
さすが、グレフ。
グレフ節がストーリーで大炸裂。ふっふっふ。

【サイヴァリア2】

出た。2。
サクセスのHPで登場するや、期待に胸躍らせてもどかしい日々。
自機がなんと「人型」。
一体どんな動きスルンダ!?不安だ!!
でも、NAOMI基板だ!!すごそうだ!!
サアサア皆さん。
前作のあまりの大好評ぶりから続編でることは誰しもが願っていた事です。
で、す、が。
やっちゃった。ついにやっちゃった。いや、期待しすぎたか?いや、前作やれば次期待するだろ?
嗚呼!!もう!!何だよこれ!!

1.敵が少なく、ザコ戦の弾幕が【とんでもなくウッスイ】。
2.ひたすら敵の攻撃を待ってからじゃないと、弾が出てこないので稼げない。
3.レベルごとに難易度変わるのは変わっていないが、ステージの敵配置変わる以外にステージは変わらない。DANGERもなし。
4.ボス戦が【つっまんねぇ】。
5.開発したのは韓国にある【スコネック】という未知の会社。
6.ロボは意外と良い動き。
7.BGMは相変わらず良い。前よりは普通。
8.というか、敵が撃つの待たないとまともに稼げないシューティングって何これ。前作はそんなことなかったのになぁ。待つのもありだけど。

とまぁ、前作プレイした人がこれやったら、間違いなく駄作扱い間違いなしの出来。
これを楽しむには、相当高度なプレイが出来る超上級者になるか、あるいはただ普通に弾撃ってボス倒すシューティングでカスるのはオマケと決めてプレイすること。
というわけで。
この作品登場時、【斑鳩】が消えましたが、数ヶ月で斑鳩が現場復帰してこっちが消えましたとさ!!
DC版で超速攻アーケード版そのままオマケ要素一切無し移植、PS2版で手抜き移植リプレイDVD付きだけどあまりにもシューティングらしくないリプレイに落胆。
自機をシューティングタイプにすれば、無敵時間ウハウハ撃ちまくり破壊しまくり超特攻モード間違いなし!!
という、遊び方しかもう楽しめない…。

【エスプガルーダ】

日々聞こえてくる「エスプレイド」移植希望の声。
そんな流れからなのか、「エスプレイド」のコンセプトを引き継いだ新作登場。
『人が再び空を飛ぶ』
とかいうキャッチコピーだった気が。
というわけで。
世界観はファンタジー系でしょうか。
覚醒すると性別が変わるっていう設定はよくわかりませんが、ゲーム事態は結構面白い。…よね?
難易度も前半は高くなく、それでいてやっぱりCAVEらしい弾幕。
システムもちょっと初心者向けなところもあります。覚醒状態で敵弾あたるとボム自動発生とか。
どういうわけか、ケツイを差し置いてPS2版で早めに移植されてます。
一般ユーザーにも好評な気がするのは、俺だけ?
あーでも。エスプレイドのほうが断然良い。


はい。2002年を境に。です。
彩京が消え、エイティングはさらにその前に熱意が消えたのか!?タイトーは随分前に消え、いよいよアーケードシューティング業界消滅の危機!!!???
ケイブも2004年から趣旨変え!!??

はぁ。ぁー。2003年からもう一気に下降ですな。


次回。【タイトーの密かな野望 ~TAITO TYPE-Xの悪夢~】をお楽しみに。



あれ。重要なこと書いてない気がする。ナンダロネ?