※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ゾッとすること』

歩道を歩いていたのに、突然車がぼばーっと猛スピードで横切ったりしてきたらソリャもうゾッとするよね!!ね!?
そんなジョニーが御贈りする今夜は!!
最近気づいたぞっとすること特集さ!!
テレビの前の皆!!
ティッシュかハンカチを用意しているかい!?涙を拭くのはなんでもいいけど、マザーのエプロンだけはやめたほうがいいぜ!?

『そいつは、ファザー専用の涙拭きだからさ!!!!』

A~HAHAHA~~~~~!!

はい。アメリカンジョーク風も飛び出したところで、ジョニーがんばる。


というわけで、最近ゾッとしたこと。

あれこれしてたら、4年も経っていること。

…。

…。4年ってあんた…。

つまり、あーだーこーだーやーだーもーだー言って、あれこれやるとかやらないとか言っているうちに実は、4年経っちゃったわけで。
思い返せば、あまりにも怠惰な毎日を送っていたことは間違いなく、これはさすがに変わらねばと本気で思うその一瞬。

駄目駄目人間駄目人間。

せめて。せめて、一つ。一つで良いんです。

何か一つ。やり遂げられさえすれば。一つの目標をクリアすれば。それが出来ればもしかしたら、この怠惰地獄の輪廻から解放されるかもしれない!!

ところで。
時間。
ついこの間、ふと思ったこと。

時間ってつまり、数字でしか表せない、いわゆる基準である。
数字というのも結局、小数点をどんどん下っていっても、上にどんどん上っていっても、無限でありますね。
細かく細かく、さらに細かく。

つまるところ。
過去や未来に『空間』があったとして、タイムマシンで戻ったり出来るのだとしたら。

じゃあ、0.0001秒前の自分はなんだってんだ。って思うわけです。
ほんの、一瞬前。ほんの、一瞬後。
おかしな話になってしまうんですけど。ね。

ある定義では、自分の過去に行くと、そこから【別の世界】が生まれるという。
過去を変えたら、その世界は別のものになって、過去を変える前の世界は結局変わらないということらしいんですが。

うーん。だから、例えば未来から過去を変えに来た自分がいない世界がAルートとすると、未来から過去を変えに来た自分がいる世界はBルート?

とまぁ、タイムトラベルという概念が結局夢物語の空想で終わってしまうのは、とにかく矛盾が生じてしまうし、そもそも、時間という概念は基準以上のものになりえないからなのか?

四次元は、三次元(X+Y+Z)+時間、で成り立つそうです。

しかしここでさらなる疑問が生まれてしまう!!

三次元を構成するX、Y、Zという存在も、言わば数値化されて初めてその存在を我々が感知できるものであり、となると、時間も数値として認知している以上、存在が定義されてしかるべきなのか!?

でもまぁ、過去現在未来とありますが。

現在の連続の上で世界が確立されている以上、現在こそが世界を構成する唯一の存在であるのではないかという考えは変わりなく。

うーん。


え?何が言いたいか?


【年齢という時間の基準は止めようが無いしとにかく歳食ったらそれだけ生活も変えていかなきゃならねぇってことだよ!!】


つまり何だって?

【時間の御利用は計画的に!!】


というわけで、ジョニーが御贈りしたサッパリ適当ブッコイテイル時間理論の旅、いかがでしたでしょうか。
4年もたっていることに、ゾッとしましょう。皆さん。ダッテ、オリンピック一回分、ですよ?
それなのに自分は何も変わっていないっていうのは、恐怖そのものですよ!!!!!!!

おー。怖い。



Gジェネー。

デスティニー。っていうか。サイコガンダム居るよ!?フォーみたいのも居るよ!?何この展開!!