※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『月曜日でした』

まったくもう。やっぱり俺いらなかったじゃん!!

とまぁ、弁当食ったから昨日の休日出勤は忘れよう。



さて。月曜日でした。

そんな職場。

まぁ誰だって、言った事を完璧に一字一句記憶するのはそう簡単なものではなく、とはいえ。
あまりにも矛盾していたり、呆れるほど何言っているかわからないといったようなことが。
まぁ、その程度なら流してますが、やたら頑固な発言するくせに、発言に責任を持っていない、あるいは言った覚えがない、という…。
そして、仕事熱心じゃない。
今この場で仕事の内容ぶちまけて言ってもイインデスが、首が飛ぶのでやめておきます。
さて、その仕事熱心ぶっているやつは、隠蔽体質を持っています。なのにそれを隠蔽と思わないところも。
ああ、こういう人間が今の「いじめ問題」といったような社会問題を筆頭に、社会的道義を全くわかっていない腐った大人と一緒で、いつかはああやってのらりくらりと発言が変わるんでしょうなあ。
『仕事』というのは責任が絶対に付きまといます。
その責任というものがなんなのか、わかっていない人間が多い気がします。
下手な正義感をかざせ、というものではなく、せめて自分がやっていることに対し、誇りを持って欲しい。
どんな立場にいようと、社会の一部にいることは確かなのだから。


まぁ、とにかく。
うちの職場ってのは結構、『楽』なイメージで入ってくる若い人間や、まぁ短期間だとか、入り易い、つまりアルバイトというわけですが。
といっても。
とてつもない責任を負わされていることは確か。
だからこそ、管理はシッカリとしているし、仕事中の厳しさはとっても…。
実は、以前関わった大きな仕事で「あってはならないミス」というものが残ったままになっていたことがあり、クライアントから批判を受けたことがあります。直接ではないですが。
そのミスも、「超低確率」で発生するものであって、上司もそんな少人数の作業で見つけられるものじゃないから、仕方ないと言っていました。
ただ、その「超低確立」を無くす努力をすることで、それこそ『いいものをお届け!!』みたいな?
『楽』を優先するのは個人の勝手ですが、これは個人の問題ではなく、ある意味会社全体のイメージにつながる問題です。

いやまぁ、そんなこんなでガンバッテマスが。

そんな後輩に負けるようなことがあってはならぬと日々精進している毎日。
さあ、明日もその後輩と共に戦おうじゃないか。



エースコンバット!!エックス

PSPなので、結構すぐクリアしてしまいましたが、ところがぎっちょんちょん。
多くのミッションにはパターンがあり、前のミッションの選択次第で次のミッションが変わり、例えば、「物資を基地へと輸送する輸送機を阻止せよ」という任務を行うか行わないかを選択します。
選択すれば、次のミッションではその物資が届いていない事になります。
選択しなければ、次のミッションではその物資が届き、内容が大きく激変します。

そんな変化する戦場。
地上から、レーザーが…レーザーが!!!!
あちこちからレーザーが照射されるよ!!ガガガガガ(装甲焼かれる音

空中要塞が自棄になったり、艦隊ぶっ潰したり、『思っていた以上のボリューム』。
前作の「ゼロ」にも匹敵するくらいの内容ではないかな。
AC04のように、一枚絵に台詞、といったムービーもあるので、これがまた、いい。
いつのまにか、操作性に慣れてしまったことと、やっぱりいた「エルジアの技術の結晶」を使ったらスゲー飛び心地いいのと。
それにしても、「エルジアの技術の結晶」の後にまだ、二機あるっぽいんですが。ここはやっぱり「グランダー社の化け物」か?だとすると、あと一機は…?

まさにX。エースコンバット・オーシア編(AC04~)の締め?なのかな?
というか、これ、PS2で出してほしカッター…。対戦したかっただけなのかな?バンナム。