※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『とりっくおあとりーと』

菓子くれ。くれなきゃ…蹴る!!

…。

子供に脅迫というものを教えるハロウィィィィィーン!!
オンラインゲームじゃあちこちでやってますが、なんか目的全く関係もなく。ただ、カボチャ出してりゃハロウィンだと勘違いしていると思ってしまう今日この頃。
日本でも最近、あちこちでハロウィンだからとカボチャを出すとこ増えてますが…。

ハロウィンって、元々『コスプレパーティ』じゃなかったか?

お化けに変装して、パーティやって、子供は「お菓子くれなきゃイタズラしちゃうぞー」って街を練り歩く。

…いや、ガンツはある意味あってるのか…?

カボチャのヘルメット被って…。
『お菓子くれなきゃ撃ち殺すぞ!!』

…。

うーん。ニホンジンッテスバーラシー!!ブンカナンテナンデモイインデース!!

日本の伝統行事ってのはなんか影薄いのに、キリスト祝ったりしてるし…。

まぁ、歴史ってのは変化するもんだから、カボチャパーティがこの先どうなろうと知ったことではないですが、意味もなくカボチャカボチャと騒ぐのはやめましょう。
お菓子クレーお菓子クレー!!



はい。というわけで。
それはセガサターンで登場しました。

『鋼鉄霊域 スティールダム』

超マイナー過ぎて、むしろこのタイトルがスゲー新鮮味を与えてしまっているような気がしないでもない今日この頃。
そのBGMを、九十九氏が『耳コピ』で再現した作品、『鋼節』。
同人CD扱いですよ。コレ。
さて、そんなマイナーな『鋼鉄領域』というゲームですが、セガサターンで発売され、なんで九十九氏なんだ?と思う方もいるでしょうが、何しろ今は亡き「テクノソフト」の作品でした。
ロボット対戦アクション?だったような…。
当時、サターンの粗すぎるCGによって表現されたその世界観。
実際、このゲームを入手するのはかなり難しく、そういえば昔、激安で見たナー程度であって、どういうゲームかは知りません。
発売当初から名前は知ってましたが。

というわけで、まぁ、『和式ロック』というジャンル。
聴いてみると、ああ確かに。和式ですね。
なんかもうゲームの存在感が欠片も存在しない、可哀想な状態。
おまけに、パッケージや中の絵は『ゲームとは一切無関係』!!

ひでぇ!!

このどう考えても萌路線爆裂中のファクトリーノイズ&AG。
まぁ、元々ギャルゲーにも楽曲提供してるからまぁ…。
デモナァ。あの濃厚すぎる硬派さが、見た目で伝わらんのは…。

ま。曲はホント、さすがテクノソフト(原形)。九十九氏も久々に弾けてます。ギュイーン。

さて。今日は手に入りませんでしたが、「ロスト・テクノロジー」が再販されることになっていますが、今回は未収録楽曲などを追加し、二枚組みになっており、これはこれで確保せねばと画策しておりますが、とらのあな店員いわく、いつ入るかはわからないけど必ず入ります。だそうです。イベントでは売り切れだったそうな?…イベントってなんのだよ。C70ってやつか!?知らんけど。



PSPユーザーの諸君!!アクションゲームが好きなら!!

超ハイスピードアクションバトルRPG『煉獄2』をやりたまえ!!


モンスターハンターポータボー。
ベスト版出てたので、安い!!と買いました。

が。

うーん。レスポンスの悪さが…。こうまで痛いとは…。

もう一つ。
ヨドバシッのポイントで買った『ヴァルハラナイツ』。
PSPの性能を良く理解して出来てるゲームだと思う。
ダンジョン攻略~キャラ育成~仲間最大6人(NPC含めて)。
装備も多数、職業もそこそこ、見た目も変わるこだわりよう。
アア!!普通に面白いじゃないかコレ!!
モンハンどころじゃねえぇええ!!


最後に。

エースコンバット3とエースコンバットZEROのサントラゲット。