※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『大人の言い訳』

まー、PS3が発売しても、世間はそれほど盛り上がらないのでどうでもいいネタなんですが。
PS3はプレイステーションというだけあって、過去のハード、PS、PS2のソフトも使えるんですが。
なんでも、現在判明しているだけで200タイトル近いソフトが、互換性に不具合があって、正常な動作がしないという。

ソニーの言い訳。

『ハードが進化してるから、良くあること。音ぐらい鳴らなくても我慢できるし、遊べると思うユーザーもいるだろう』

(゜Д゜;)

それは互換性無いって言うんじゃないのか?
音ぐらいって、音無きゃダメダロ。

などと、まぁPS3はPSPのようにOSのようなものが入っていて、それのバージョンアップで対処できるそうですが、駄目メーカーップリがどんどん出てきますねー。
そういえば、小型PS2の75000番でも、PS2のソフトが正常に動作しないのに交換などのサービスが無いということやってますが。
さすが、クソニー。
ゲーム部門からの撤退も見えてきたか!?

それにしても、画面が綺麗だーって騒いでますが。
PCのグラボのほうが、高性能だし進化も早いなー、と。
結局、PCのハイスペックにはカナワナインダナー、と。

せいぜい、PS2の50000番くらいまで待とうかな。どうせ当分売ってないだろうし、初期不良地獄だろうし。
アダプタから火がーとか騒ぎになりそうで怖いし。

そろそろ、セガの出番か!?

ァ!!セガも結構駄目メーカーだ!!