※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

弊社は基礎技術会社として世界有数の立体画像描画数式を開発し、
それは自動車業界をはじめとし今や国際的に活躍するものとなりました。
この独自技術は高度な数学をアルゴリズムの開発に生かすことから生まれ、
立体形状物以外の画像処理等や配信技術としての導入も進んでおります。

本ご提案内の独自技術は弊社の長年の立体数式技術を大いに活用し、
世界でも類のない画像配信システムとして完成した技術をご案内申し上げます。

弊社の独自技術とは立体画像の描画には欠かせない数式であり、
その速度や潜在能力が国際的にも高く評価されております。
通常、立体画像とは頂点と頂点がつなぎ合わさることにより構成され、
よく設計等に使われるワイヤーフレーム(針金のような形状をあらわすもの)に見受けられます。

弊社はその頂点の数々を今までになく高速且つ簡便に計算することのできる技術を開発し、
今やパソコンは当然ながら、携帯電話やPDA、あらゆるマルチメディア端末にまでその活用を広げております。



現在インターネットを始めとするネットワーク上のコミュニケーション手法は
文字、静止画、動画、音声であり、インターネットを活用する人口が増えるにつれ、
より効率的且つ円満な手法が求められています。


弊社はそのようなコミュニケーション技術を開発し、国際的に提供することをミッションとし、
現在では世界有数の3D(立体画像)技術の導入を進めております。

これにより、文字や静止画、動画や音声だけでは伝えられない商品の情報、
ノウハウやナレッジを含む様々な情報を瞬時に世界中に共有することが可能となります。



弊社は世界有数の立体画像描画数式を開発いたしました。
立体を構成する頂点と頂点の移動の計算、立体形状物の処理と描画に特化した
この数式は今までにはない速度で立体画像をいかなる環境でも実現できる基礎技術です。

現在では、この技術を受注生産にてあらゆる企業にご提案申し上げます。


弊社のコアコンピタンスである独自数式を活用し、
インターネット上で簡便に閲覧可能な電子印刷物配信システムを開発いたしました。
それは通常印刷紙面を入り口にその中でさまざまな
リッチメディア(写真、動画、リンク、DB情報等)をシームレスに搭載可能とし、
新しい形の出版物を創造するものであります。


弊社のコアコンピタンスである数式を確立し、
それを様々な情報端末のインターフェースとし、
最先端のデザインと融合し提供する事業です。

携帯電話、パソコン、デジタルカメラ、等のマルチメディアデバイスをより使いやすく、
分かりやすく、楽しくすることを目標に情報との接点を再発明してまいります。


これは弊社が過去に手がけた多くのソリューションに共通する考え方で、
3Dを商品説明やその商品の販売促進に活用することです。


これは業種によりまったく異なった形をとりますが、
仮に自動車業界では特定の車種の色やオプション、機能説明等を行うものであります。