※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そのまま、ポケモン大会で使われたレタ7の使うポケモンを表す言葉。
ちなみに皆素敵なニックネームが付いている。

紹介してやんよ


おれ(ローブシン)

厨ポケ。高い攻撃と特性の上、サブウエポンも充実。素早さが低いがそれは道具で…!?
「くさむすび」はカスな威力だがCRのパルシェンを一撃で倒したので注意。

コラッタ(ギャロップ)

命のたま持ちの切り込み隊長。強力なサブウエポンも。
しかし噛ませであり、ほとんどの場合、「じしん」で一撃死する。

ひらさわ(ハハコモリ)

初代ひらさわ。すばやさV。ギギギアルを破ったりフーディンを一撃で倒したり都合良く急所に当たる&かわす、と
数々の伝説を持つ神ポケ。後にひらさわZに改良される。

ひらさわZ(ハハコモリ)

レタ7初の厳選ポケモン。ひらさわを超える攻撃と素早さを持つ。柔らかいがそこはタスキでカバー。さらに特性も調整。
強さは相変わらずでネルとの対戦ではネルのポケモン三体全てとどめを刺したのはひらさわZだったりする。
こいつのさらに改良版を制作中だとか…

イシカワ(デンリュウ)

攻守共にスタミナたっぷりの受け電気タイプ。威力はあるが、あまりサブウエポンには恵まれない。
日差しが強い中、かみなりを当てるという伝説を持つ。ちなみに唯一のめざパ持ち。

ポッチャマ(ムクホーク)

ブレイブバードとインファイトの二つのメインウエポンを持ついたって普通のムクホーク。
早くて強いけど、意外と柔らかいのが弱点。

アナハイム(ラプラス)

耐久ポケ。最近改良で戦略の幅が広がった。ついにレタ7初の…!?

じばくさん(ゴローニャ)

出オチ。初期はよく使われていたがいまではおれの下位互換のような扱いを受けている。
しかも特性が「がんじょう」じゃない。

スー(ロズレイド)

通称スー様。高い特攻から放たれるギガドレインが武器。しかしくさタイプ枠は今では完全にひらさわなので、もはや存在を忘れられている。

きんにく(カイリキー)

様々なサブウエポンをもつ(笑)
当時物理・特殊の意味を理解していなかった俺が覚えさせた技・「だいもんじ」で相手の度肝を抜く!