※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まど家族史とは、レタ7によるWord文章作品。

原作である魔法少女まどか☆マギカと同じ中学生からまど家族の設定である時期に到るまでを文章化したモノ。
コレができたのは俺が育児に無駄な興味があったため。
成長速度がおかしかったりももまん版と食い違う部分があるかもしれないけど気にするな!


まど家族史 まどほむ中学生~かほ3歳までの流れ。あまりまどほむの年齢は考えない方が幸せ。20代ということでここは一つ。
ちなみにこの話は元になったSSがある。全部で8作品くらいパクったかな(!?)

まどほむ(14)
ほむら、×回目のループ。二週目でまどかに抱きつかれてからずっと思いを寄せていたが、告白するには到らなかった。
ある日、屋上に呼び出し、まどか側から告白。その日からつきあいが始まる。

ほむ「…屋上になんか連れてきてどうしたの、まどか。」
まど「えっえっとね…私、実はほむらちゃんのことが好きなの!…ううん、ごめんね。やっぱり変だよね。この話はなかったことに…」
ほむ「その必要はないわ。だって…私も同じ気持ちだもの…」
まど「ほむらちゃんっ…///」

ほむホーム
ほむ「私は何回ループしてもまどかに告白することはできなかった…だけど、このまどかは…」

まどほむ(14) その2

ワルプルギスの夜襲来!この時間軸のまどかは今までで一番私のことを思ってくれて、なにより信用してくれた。そんなことでほむらも頑張り、さやかを魔法少女にしてしまったものの、皆絶望させなかった。4人の魔法少女が立ち向かっていった。しかし、ワルプルギスの夜はやられなかった。

さやか「そんな!あんなに攻撃したのに!」
マミ「やっぱり死ぬしかないの…?」
杏子「くそっ!何でこんな所で!」
ほむ「…」

一方隠れてずっと見ていたまどか

まどか「そんな…!これじゃあみんな死んじゃうよ!そんなの嫌だよ!だから…」
その時、まどかの周りをピンク色の光が包み込む…

さやか「あっあれは!?」

そこには魔法少女の姿になったまどかの姿があった…

ほむ「まどか!?QBと契約しないって約束…」
まど「契約なんかしてないよ、ほむらちゃん。」
QB「そんな!?僕の力なしに魔法少女としての力を手に入れるなんて…!」

ほむら達が状況を理解できない中、まどかは弓矢を放った。一筋のピンクの光がワルプルを貫通、殲滅した。
QBによるとまどかの力は僕たちの予想以上だった。彼女の力だけで魔法少女となり、その力で僕達の星を消滅させた。そして魔法少女システムそのものが消え、現役の魔法少女達は普通の人間に戻った。代償として契約が無効になった。

マミはそのため直後倒れて病院に搬送されたが、いまではそんなことなかったかのように元気である。ほむらの視力は下がったが、まどかのリクエストでメガネなしがいいというので今はコンタクトをしている。
そしてまどほむは同じ高校に進学した…

まどほむ(高校生)
ある日、まどかは言った。
まど「私たち、結婚はできないけど…一緒に住むことはできるよね」
ほむ「…!」
まどかの両親はあっさりOKしてくれた。
高校卒業。同時にほむらは厨房での仕事に就く。まどかは就けなかった。マジメなのに何でだろうね。実はその時、すでにまどかの体には新しい命が宿っていた。

まどほむ(社会人)
まどかが家事はやるがネットしてばっかりなのでほむが就職を提案。まどかは勉強し、お花屋さんに就く。出産のため病院へ。名前はまどか、ほむら、それぞれ一字ずつとって「まほ」と名付ける。まどかは就職してあまり経たないまま入院したため、まどかが仕事を楽しんでることを知っているほむらが育児休暇を取った。

まどほむ(社会人) まほ(1) 
またしてもまどかの妊娠が発覚。二歳違いの子になる。まほがほむらのことを「ほむほむ」と言う。後に浸透。まどかは胸が小さいため、お乳があげられるか心配していたが、なんだかんだで平均ちょっと下位になれたので安心。しかしまほはお乳よりミルクのほうがお好きのようでまどかは少し残念そうだった。

まどほむ(社会人)まほ(2)かほ(0)
第二子、「かほ」誕生。かなめ、ほむら から一字ずつ取った。今度は私が…ということでまどかが育児休暇。かほは、まどかのお乳を好んで飲んだのでまどかも嬉しかったようだ。

まどほむ(社会人)まほ(3) かほ(1)
かほも、まほに影響されて、「ほむほむ」を発する。まどかは第二子が生まれたことで勤務時間を変更、いつでも家にまどほむどちらかがいるようにした。まほ、保育園入園。なんとそこにはさやかがいた。保育士になったようだ。

まどほむ(社会人)まほ(5)かほ(3)
まど家族妄想はここ。何で俺がやたらこんなことこだわってるかというと親が妊婦時代に読んでた育児雑誌を俺が読んでいたからさ。これで俺の言いたいことは全てさ。あとはイラスト募集か。相変わらずぶっ飛んだ設定だな。もはやまどマギである必要性すら(ry