※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鹿目ほむら
かつて一人暮らしだったことを生かし、レストランの厨房で働いている。まどかとの関わりもあり、コミュニケーションも上手くなった。相変わらずクールな素振りを見せることが多いが、家族、特にまどかには弱いようだ。x回目のループで全員生還させた。魔法少女の詳しい話は子供達が中学生になったら話そうと心に決めている。子供たちからは「ほむほむ」と呼ばれている。どうやら「ら」の発音は難しいらしく、まほが言ったのが浸透した。知人からもネタでそう言われるらしい。