2chレイソルスレッドまとめ@Wiki 用語さ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 :
セレッソ大阪のこと。セレッソとは大阪の市花である桜のスペイン語。1995年に柏レイソルと共にJリーグへ昇格した、同期の桜である。近年は柿谷、清武、山口蛍などを海外に輩出。清武以外はすぐ出戻ってきたが、文字通り華のある選手が揃っている。

sage :
2chスレッドのメールアドレス記入欄に半角英字でsageと入れて書き込むこと。多くの2chスレッド同様、レイソルスレもsage推奨。

サツ :
薩川了洋のこと。フリューゲルス時代からそう呼ばれているのがそのままサポにも定着。現役時代はJリーガーでトップレベルの守備技術を誇った。玉田曰く、試合開始前に裏でサツさんにビンタを貰って気合いを入れているとのこと。真偽のほどは定かではないが要するにそういう立場の人である。半袖と早風呂でも有名であり、半袖隊長の異名を持つ。好きなものは車。2005年シーズンで引退し、指導者の道に進む。現在はJFLに所属する奈良クラブの監督。

佐藤 弥生 :
栗澤僚一夫人である女性タレント。「王様のブランチ」に出演。また、2010年から2012年までの3年に渡り、大宮アルディージャの応援番組「Ole! アルディージャ」のMCを担当。番組降板時には多くの大宮サポが嘆き悲しんだが、翌年の4月1日に栗澤との結婚を発表。大宮サポは大変なショックを受けた。それ以来、大宮との試合は、別名「弥生ダービー」と呼ばれ、栗澤の選手紹介時には、大宮サポから強烈なブーイングを浴びせられるのが恒例となった。

 :
ホーム側スタグルの出店。普段は柏市街の居酒屋と唐揚げ専門店を経営している。スカパーのMDHのMC平ちゃんは、日立台に来るときには必ず侍の唐揚げを購入するとのことで、2016年の川崎戦の時のレポートで取り上げられて以来、平ちゃん効果でかしわのからあげ人気が急上昇しているとのこと。

座右の銘 :
谷澤がインタビューされた折、「座右の銘はなんですか?」と聞かれ、「ザユーノメーって何ですか?」と聞き返した逸話から、谷澤のボケっぷりを表現する際に用いられるようになった。

残留 :
どんなに調子の良いシーズンでも、J1残留決定の瞬間を祝うのが、2度の降格を経験したチームのサポーターというものです。


潮田姐さん :
増嶋竜也夫人である元バドミントン選手、潮田玲子のことを指す。2ch 柏スレ内では単に姐さんと呼ばれることも。
現役時代は「オグシオ」「イケシオ」としてバドミントンダブルス種目の日本代表としてアイドル的人気を博す。可憐な見かけとは裏腹に、アスリートらしく豪胆な男気?を伺わせているところが、姐さんと呼ばれる所以。選手引退及び結婚を機に、スポーツタレントとしてテレビへ多数出演。負けん気の強さを覗かせつつラブラブな夫婦生活を赤裸々に暴露(?)している。図らずもレイソルの全国メディア露出に貢献してくれた。

鹿 :
鹿島アントラーズのこと。オリジナル10。ホームスタジアムであるカシマスタジアムでのゲームでは無類の強さを誇り、近年なかなか勝てていない。2016年のクラブワールドカップではレアル・マドリー相手にも引かずに善戦し、Jリーグの力を一般層にも再認識させた。
「好青年」と称されるDQN...もとい熱烈サポーターを擁し、旗事件やドラムスティック事件など柏サポーターとは何かと因縁が多いチーム。

識者 :
しきしゃ。有識者の略でつまり自分の意見が正しいと主張するバカ。たいがい他のスレ住人を見下して悦に入ってるだけの書込みしかしないので相手にするだけムダ。予めNGワード化しておくとよろし。本当に識者なら自分のこと識者とは言わないものです。

茂原 :
元所属選手である茂原岳人(しげはら たけひと)を指す。ノブリンチルドレンの一人で日本代表候補にも登りつめたが、過去に起こした事件で逮捕され、チームからも解雇、キャリアをふいにしてしまう。

次スレ :
次のスレッドのこと。柏スレはスレ立て担当が決まっておらず、誘導どころか次スレもないまま1000まで埋まることも多い。見かねた大喜利ファンの他サポが立ててくださることもある。ありがとう。

自分達のサッカー :
相手は関係なく自分達の目指すサッカースタイルを貫く意味のキーワード。吉田監督となってからのレイソル選手や監督が、勝ちきれなかった試合後のコメントとして発することが多い。この言葉を好んで使った日本代表がブラジルW杯で惨敗を喫したことから、一般にはネガティブワードとして認知されている。

下田 恒幸 :
スカパー!等でJリーグの試合を実況するフリーアナウンサー。2011年のリーグ優勝時は下田アナの実況による試合が多く、下田アナによる
数々の名文句がレイソルサポの心に深く刻まれている。また実況アナにしては珍しく、日立台の応援の雰囲気やチャント、有名サポーターのみゃ長
のことを放送の中で好意的に紹介してくれることが多い。

ジャイキリ(GIANT KILLING) :
ジャイアントキリングの略。スレ内では本来の意味である「番狂わせ」としても使われるが、ツジトモ(綱本将也原案)によるサッカー漫画/アニメーション「GIANT KILLING」を指すことが多い。タッツミーこと達海 猛監督率いる弱小チームETU イースト・トーキョー・ユナイテッドの挑戦を描く。チームは東京都内の設定だが、ホームスタジアムの「隅田川スタジアム」は日立台がモデルとなっており、アニメではチームカラー以外の外観はほぼそのまま日立台とわかるレベルで再現された。その縁もあってレイソルとの公式コラボレーションも何度か行われている。

 :
名古屋グランパスのこと。オリジナル10。久米一正や西野朗などレイソルゆかりの人物がフロントとして関わる。玉田・矢野貴章と選手にもレイソル出身者が多く、2014シーズンには柏のキングであったレアンドロ・ドミンゲスも加入。
近年の対戦では某元日本代表DFを中心とした荒いプレーによって、レイソル側に怪我人が出てしまうことも多い。ただ、何故かよく転んでいるのは向こうの選手だったりする。
2005年には、一部の柏サポが名古屋サポの家族連れを殴る悲惨な事件が起きてしまった。

シャム猫ワイン :
SS席でワイン片手にシャム猫を抱きながら優雅に観戦するセレブというのが、柏サポーターがイメージする金持ち像。日立台のSS席は別名:シャム猫ワイン席と呼ばれる。単なる都市伝説と思われたが、ACLのアウェイ・セントラルコースト戦で相手方サポーターにワイン片手の女性が写った際には一同騒然となった。

12番 :
2006年からサポーターの番号となる。
他のチームは12をサポ番にしてるものの、柏レイソルはその慣習に巻き込まれず選手に12番を付けさせていた。そして、サポの間でも「12のサポ番かっこ悪いよね」という共通認識でいた。
しかし、2006年にサポ番に設定されてしまったことで柏サポ総萎え。「12は増田の永久欠番として、誰も付けるな」という風潮も生まれそうな勢いである。

出張バカ川さん :
柏スレの治安を守るコテハンの英雄。
主に山根巌を腐した後、明神智和を賞賛するというワンパターンな書き込みを繰り返すMJ厨(本人の自演説あり)を柏スレ住人に代わりおかまを彫るという手段で撃退してくれる。元々は国内サッカー板ではそれなりに知られている浦和の平川忠亮のアスキーアート。「Rising レイソル」キャスターのまちゃぴんこと木村雅子がお気に入りらしい。
Λ((Λ
ミ## ゚四゚)<覚えておけゴルァ!
(  つ  ∧_∧
) ,ィ⌒(; ゚Д゚ ) アッー!
(_(__人__,つ 、つ

ジュニアン田中 :
2013年のACLで対戦したアル・シャバブのサポーターが予測した柏スタメンで、最も注意すべきとして挙げられた選手。
田中順也を指すとみられる。身勝手な支払いが特徴。
つ[参照:アル・シャバブサポーターによる柏レイソルの予想布陣]

白くまくん:
大スポンサー様である日立のエアコン製品ブランド。2013年シーズンにトレーニングウェアのロゴとして突如採用された。
愛らしい名前だけに、いかつい選手達やネルシーニョ監督が着ているのを見ると、とても微笑ましい。ACL の会見などで幾度となくTVにも映し出された。


スクール☆ウォーズ:
柏スレ上の大喜利で最も多用されるドラマのパロディの引用元はこのドラマである。
なお、その次に多い引用元が「あまちゃん」であり、サポの中心層は40代であることがよくわかる。

スゲノイアー :
GK菅野がバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKの如く絶好調である様を形容する褒め言葉。解説者・玉乃淳による造語である。

菅野神 :
GK菅野が1点モノのシュートをビッグセーブした試合で使われる。多い時は1試合に何度も見られ、まさに神懸かり的な印象を受ける。裏を返せばピンチが多い状態を示し、守備陣へのコーチングが不足しているのではとの声もあるが、菅野神の存在が年間勝ち点へ相当貢献していることは確か。


鈴木潤:
長年に渡る柏レイソル番記者で、マッチデープログラムの記事を担当。また有料WEBマガジン「柏フットボールジャーナル」での
監督、選手の試合前後のインタビュー、試合評などは、J's goal無き後、レイソルサポにとっては必読である。

スタジアムグルメ(アウェイ側):
もともとクラブのホスピタリティが低いこと、ホームとアウェイが隔離されていることもあって、アウェイ側のスタジアムグルメは、
柏サポが相手側に申し訳ないと思う程貧弱である。そのため、試合前に柏スレに情報収集しにきたアウェイサポに
「駅前のスーパー・コンビニで調達するか、スタグル期待せず駅周辺のラーメン屋やエスニック料理店等の柏グルメを楽しんでね」と
案内するのが恒例であった。そのため熱烈徳島サポの俳優、大杉漣に「日立台のホットドッグがうまい」とNHK地上波で絶賛された時には、
戸惑うサポが大多数であった。

スタジアムグルメ(ホーム側):
以前よりは充実してきたホーム側のスタグル。レイソルカリー、もちもちポテト、もつ唐ちゃんなど。
2015年2ndステージから、ニッカ柏工場、利根コカ・コーラボトリング協力の元、ニッカウイスキー、リアルゴールドで作った
「レイソルハイボール」を売り出しはじめた。2ch柏スレの新たな話題となるか。

スネーク :
レイソルのテストマッチや練習の模様を現地で携帯からレポートしてくれる人のコードネーム。
元ネタはコナミの人気ゲームシリーズ「メタルギアソリッド」の主人公の名前である。

スルー :
知らんぷりすること。荒らしや煽りの書き込みはムカついてもとにかくスルーするのが原則。反応したら同罪。

スルーパス :
未来のレス番に対しレスした状況を指す。例えば今まだ100番で、50番の書き込みへレスするつもりが、間違えて>>500と書いて書き込んでしまった場合、周囲は茶化してまだ見ぬ500番へのレスと見なし「スルーパス」と表現する。実際にその500番に書き込む人はよくよく考えて書き込みた い。

スル銀 :
スルガ銀行チャンピオンシップ(スルガ銀行杯)のこと。ナビスコカップ優勝チームと南米コパ・スダメリカーナ優勝チームとの一発勝負で優勝が争われる。レイソルは2014年の日立台開催においてラヌスを破り優勝。目下、レイソルにとって唯一の獲得国際タイトルである。

スレスト :
スレッドストッパー。スレストすると一定時間書き込みが出来なくなる。実況(レイソルスレは実況禁止の為、おにぎり実況スレで)、犯罪まがいの書き込みや、他スレに迷惑をかける行為があった場合稀に発動する。


聖地 :
イギリス人にとってのウェンブリー、スペイン人にとってのカンプノウ、柏サポにとっての日立台。

世界三大カップ :
FIFAワールドカップ、UEFAチャンピオンズリーグ、ちばぎんカップを指すとされる。ちばぎんカップを語る際には外せないキーワード。

世界4位 :
日本テレビ用語で、FIFAクラブワールドカップのトーナメント4位に与えられる呼称。2011年CWCに開催国枠で出場したレイソルがそう呼ばれた。じっさいACL4強が最高位のレイソルが世界4位になるわけはないのだが、そういうのは理屈じゃないのです。ちなみに同じ論法で日本には世界2位と世界3位のチームも存在。

世界ワールド :
2007年の年始を飾った、ヤザワールドを象徴する谷澤達也選手の一発ギャグ。
参照:フォトギャラリー 1月15日(月)
”谷澤選手、「世界ワールド」と意味不明の言葉をつぶやきながら、突然右ひじでピッチを叩き出し、「ひじ中心の生活!!!」と叫ぶ一発芸を披露。”
http://www.reysol.co.jp/fan/photo/0701.php

関塚 隆 :
元ジェフ千葉監督。以前は、ロンドン五輪代表監督や川崎の監督を勤めた。柏スレでは、何故か名前をちゃんと覚えてもらえず、
「関口」「関山」「関川」「関根」「関本」などと名前間違いの大喜利的展開になるのがお約束。

背番号厨 :
毎年オフシーズン近くなると現れる。いつも脳内で選手の背番号を決め付けてスレに自分のチラシの裏に書くかのように書き込む。
玉田をいつも「11」にしたがっていたが04-05年のオフに断念。背番号厨も28は玉田と決め付けた。
また、勝手に戦力外の選手も決め付けてしまうので概してウザがられている。

戦車 :
アウェイ遠征の手段に車を選ぶことを指す。「アウェイ浦和戦、車でいくひといます?」の発言が元。「、が余計」というツッコミが入り、スレ内の雰囲気が、大喜利ノリでむしろ戦車で行かないの?というふうに変わっていった。女子高生が戦車で戦う戦車道をテーマにした「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」の大流行が背景にある。ちなみにガルパンの舞台、大洗市に近い水戸ホーリーホックではがっつり公式コラボレーションを行い、アニメファンを引き込んで観客増に繋げている。皆好きよのう。
ドメサカブログ:アウェイ浦和戦、車でいくひといます?

選手のプライベートに~ :
柏スレ名物のお決まりレス。本来は「選手のプライベートに口を出すべきではない」の前に「負けた翌日にパチンコかよ。全くおめでてえなあ!」が来て、最後に「このらくだ顔が!」となる。永田が敗戦した翌日にパチンコ屋にいたという書き込みに対して返されたレスの流れがそのままネタになっている。転じて選手の私生活を書き込んだ人に対し茶化すように使われるようになった。例、「どうせまた玉田は家でウイイレやってんだろ」「選手のプライベートに口を出すべきではない」。

前線突破 :
2000年2ndステージのキャッチフレーズ。攻撃の中心であった北嶋、大野の写真が柏駅前のそごうを飾った。


副島 :
C大阪、神戸などで監督を務めた副島博志のこと。柏とは直接的な因縁等はまったく無いが、柏スレで頻繁に名前が出る。すべては翌年J2で戦うことが決まった2005年シーズン終了後、スポーツ紙で監督就任が濃厚と報じられたことに端を発する。柏スレでは主力大量脱走に加え、実績が極めて微妙な副島が監督就任するという報道に、1年でのJ1復帰を絶望視する声が相次いだが、副島本人がオファーを固辞。結局J2で実績のあった石崎信弘が監督に就任し、2006年見事1年でのJ1復帰を果たした。柏スレでは、この昇格はすべて副島の監督就任辞退から始まったと見る向きもあり、以後レイソルに幸福な出来事が降り注いだ時、決して驕らず現在の幸福のありがたみを忘れないよう「副島に感謝」とレスをするのが半定例化している。


「か」行

「た」行