※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

976 :名無しって呼んでいいか?[sage]:2010/12/28(火) 20:48:57 ID:???
今更チェスを覚えた。それが、今までやらなかったのを後悔するぐらい面白い。
いっそチェスのゲーム性を乙女ゲーにも生かして、萌えキュンしつつ教養もつくようなゲームが作れないだろうか。

主人公はチェスの世界に閉じ込められ、白のキングとしてチェスのゲームに参加することになった田舎貴族の令嬢。
基本的にチェスゲーム1試合と日常パート1回がセット。試合で撃破された駒は試合終了とともに復活する。
日常パートでの会話の他に、チェスゲームの運び方でも好感度が変動し、敵駒は討ち取ることで、味方駒は敵駒を討ち取らせる・ゲーム終了まで生存させることで好感度をあげることができる。
攻略できるのは敵・味方の各駒(クイーンも男性)。


【クイーン】
[白]
プライドが高く、何かと高飛車なキツめの美形。わがまま。
役柄上はキングである主人公の伴侶なので、ナチュラルに同じ寝室に招き入れたり、恋人のように顔を近づけて話すなどして主人公を仰天させる。

[黒]
妖艶で、どこか危うげな印象の美形。
黒駒の王国を脅かす主人公に対し、強い敵意をもっている。


【ナイト】
[白]
普段は人懐こく朗らかで、主人公が比較的親しみをもって接することのできる騎兵。
基本的に主人公にデレデレで、戦以外の時もボディーガードの名目で主人公から離れようとしない。

[黒]
悪ガキをそのまま大人にしたような無邪気な騎兵。
敵ながら、それまでのキングと毛色の違う主人公に好奇心があるようで、何かとちょっかいをかける。
977 :名無しって呼んでいいか?[sage]:2010/12/28(火) 20:49:58 ID:???
【ルーク】
[白]
どことなく機械じみた雰囲気を感じる、長身の城兵。
表情に乏しく、日頃から最低限の会話しか交わさないが、実は僅かな表情の機微や挙動に主人公への深い愛情が表れている。

[黒]
気だるげな雰囲気の城兵。
冗談とも本気ともつかないようなことをよく口にし、掴み所がない。神出鬼没で、よく主人公を驚かせる。


【ビショップ】

[白]
温和で面倒見がよく、他の駒から兄のように慕われている聖職者。
序盤は異世界で戸惑う主人公の良き相談者となる。

[黒]
高い知能をもった少年軍師。知略の限りを尽くして主人公の行く手を阻む。
参謀としては至極優秀だが、分かりやすい挑発にのるなど、時に子供らしい面も見せる。


この他に、試合でプロモーションを繰り返すと「平凡なポーンが主人公のために頑張って自分を磨くシナリオ」が増えたり、隠れの隠れで黒のキングも攻略できたりする。

ただ勝利するためでなく、例えば「ルークを絶対に守りたい」とか、「ナイトを活躍させてやりたい」とか、そういった二次的な目的も含めながら駒を動かすと、普段のチェスとはまた違った楽しみがあるかもしれないと思った。
好きな人(駒)のために頭をひねりにひねって、その末に最高の勝ち方を見つけだすことができたら、きっと気持ちいいと思う。