※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

816 :名無しって呼んでいいか?[sage]:2009/09/02(水) 00:38:06 ID:???
鬱ゲーってわけじゃないが、確実に終わりが存在する乙女ゲーがやりたい。

主人公はとある機関で作られたアンドロイドの試作機。
データ収集のため、攻略対象のいる高校へ通うことに。
期間は一年間。その後、主人公の現在の人格は消去されることになっている。
主人公は最初無感動で機械的だけど、徐々に人間らしくなり、クラスにも馴染んでいく。
限られた時間の中で、主人公はどんな人たちと出会い、どんな経験をしていくのだろうか。

攻略対象は
  • 堅物委員長
  • 陽気なムードメーカー
  • でかい犬系の後輩
  • 担任の先生
  • 研究チームの科学者
  • 仲のいい女友達(not百合)

バトルや過剰なSF要素はナシで、普通に学校生活を送って欲しい。
その中で、遊んだり、恋愛したり、文化祭なんかのイベントこなしたり。
しかしどれだけ仲良くなっても、期限が過ぎれば現在の主人公はいなくなる。
それについての主人公や登場人物の葛藤をがっつり書いて欲しい。
後日談は、数年後の登場人物たちによる主人公についての回想で。


818 :名無しって呼んでいいか?[sage]:2009/09/02(水) 15:01:48 ID:???
やがて完成品が世の中に出て、その中の一体にたまたま出会った登場人物が
その人格の中に主人公のデータが反映されているのを目にして泣くエンドとかありそうだ


819 :名無しって呼んでいいか?[sage]:2009/09/02(水) 17:56:34 ID:???
同年代のキャラには駆け落ちイベント欲しいな
一緒に逃げようとするけど、どうにもならない事に気付いて結局戻ってくるような
どっか遠くの駅のホームで一緒に泣いたりとか