※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

638 :1/2:2012/03/10(土) 17:05:11.66 ID:???
既に何本かあるし、スレ内でも何度か書かれてるけど
まだまだ探偵モノ&クローズドサークル系が足りないと思う
そんな感じのがやりたいです、安西先生…というわけで色々想像
長文です

主人公はとある探偵の弟子。弟子入りから数年経ち
師匠から「そろそろ最終試験を」という話が出るが
その前に師匠の知人である公爵の屋敷に泊まりに行く事に
しかし、そこで師匠は何者かによって殺され、挙げ句の果てに
外界と繋がる唯一の道は崖崩れによって閉ざされてしまう
そして公爵も殺され、始まった連続殺人
果たして主人公は一人で無事に事件を解決出来るのか……的な

主人公(18)
「草葉の陰から見守っててくださいね、師匠!」
ある探偵を師と仰ぎ、探偵業のノウハウを勉強中の見習い探偵
取り立てて頭脳明晰という訳ではなく、推理は勘と閃き中心
要所要所で色々閃くものの、それらを線で繋げるのが苦手

主人公の閃きには幾つか種類がある
例:各事件に関する閃き、犯人・動機に関する閃き、無意味なダミー閃きなど
プレイヤーが複数の閃きを関連があるもの同士で
上手く繋げてあげられるかがエンドの分かれ目

結末は各キャラ主に三種類
①名探偵エンド:全事件を未然に防ぐ&犯人の目論見を看破
②探偵エンド  :発生した事件を解決&犯人御用
③迷探偵エンド:事件起こりまくり&未解決のまま帰還or主人公死亡

続きます


639 :2/2:2012/03/10(土) 17:06:55.68 ID:???
【攻略対象】
① 公爵家長男(21)
「身分なんて、あっても良い事はないよ。探偵のお嬢さん」
次期公爵。身分の低い主人公にも紳士的に接してくれる
平民の娘さんと恋仲になった事があるが、身分差を理由に
父から反対されて以来、できれば跡を継ぎたくないと考えている
公爵の次に命を狙われる為、彼のルートor名探偵エンドに行く場合は
屋敷に到着した直後から彼の死亡フラグを折り始める必要がある

② 公爵家次男(15)
「こ、この僕が庶民の女に助けられたぐらいで感謝する訳ないでしょ!?」
高圧的だが分かりやすいツンデレ。面倒臭がりで、やっぱり跡を継ぎたくない
というより、爵位も財産も全て兄が相続するものと思っている
初対面時から主人公を気に入っているが口には出さない。態度には出る
長男の生死に関わらず、長男の次に狙われる事になるので
攻略する際はやっぱり死亡フラグを折ってあげないといけない

③ 小間使い(23)
「事件のことで大切なお話があるんです! 明日、自分の部屋に来てください!」
命じられれば何でも頑張るマルチな青年。軽くドジっ子属性あり
誰からも好かれる人懐っこい性格で、誰相手でも明るく楽しく話せる
その中でも久々に屋敷に来た女性=主人公と話す時は少々テンション高め
わざとなのか天然なのか死亡フラグ的言動を繰り返すものの
どう進めても死なないので、ルート外ではあまり構わなくても大丈夫
母親を早くに亡くしているので本人は何も知らないが、実は公爵の落とし子

④ 執事(34)
「……分かっていましたよ。誰も幸せにならないことくらい」
公爵家に長年仕えている寡黙で有能な人物。ぶっちゃけると一連の事件の犯人
小間使いの母親の弟(つまり小間使いの叔父)。外に出さないが割と激情家
平民である姉と結婚せず、出産後に彼女が若くして亡くなっても葬式にすら
来なかった公爵を恨んでおり、公爵から全てを奪うため今回の計画を立てた
最終的に公爵一家が持つ爵位と財産を小間使いに受け継がせたいと考えている
彼のルートは少々特殊で、あえて事件を全て発生させて未解決で放置した場合
迷探偵エンドではなく共犯者エンドになり、最終的に共に逃亡者として生きる事に

⑤ 探偵(33)
「試験の難易度、こんなに上げるつもりはなかったんだがなぁ……」
主人公の師匠。物語冒頭で殺されるが、実は死んでいない
自分の死んだふりを主人公一人でどこまで見抜けるか試している
しかし実際に殺人事件が発生、可愛い弟子の安全を優先するべきか
探偵としての試験を続行するべきか悩んでいる
主人公が危ない目に遭わないよう裏でそれとなくフォローしている
ルートに入る場合は物語終盤の謎解きイベントよりかなり早い段階で
閃きを繋げ、師匠が死んでいない事を見抜いておく必要がある

⑥ 医者(36)
「人生、中々上手く転がらないね。君も、私も―――君のお師匠様も」
雨宿りのため屋敷にふらりと来た旅行者。というのはポーズで
その正体は、探偵が自分の「死」に説得力を持たせる為に用意した人物
(医者である彼が探偵の脈を確認するので、皆探偵が死んだと信じ込む)
殺人という非常事態に際し、当面は主人公の保護が最優先事項と考えており
展開次第では探偵の生存を彼がポロッと漏らしてしまう事もある
彼をあまりにも放置しておくと、事件の早期解決を急ぐあまり
余計な場面を目撃したり証拠を見つけたりして犯人に始末されるので注意


640 :名無しって呼んでいいか?:2012/03/10(土) 17:07:49.74 ID:???
改行多すぎって言われたので追加補足

攻略対象外だけど、公爵も別に悪い人じゃなくて
本当は小間使い母と結婚したかったけど
周囲の猛反対にあって断念とか、小間使い母本人から身を引かれたとか
長男の恋に反対したのも自分と同じ思いをして欲しくなかったからとか
そんなフォローもあるといい