※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



RP攻略
  • FLSの新規参加者が一番困る部分でありながら、
    公式ページでは一切解説されていないので、ここで解説していく。

  • 「RPの色々」を追加して行く方向で。


基本について

  • 基本的にプレイヤーの知識で喋る事はない。
    私生活の事を喋る時は発言の前後に¥マークを付けよう。
    誤字脱字修正も¥マークを付けて行われる。

  • 初心者プレイヤーと冒険している時に、
    2nd以降のキャラがPL知識でどんどん進めていくのは非常に嫌がられるし、
    そう言う2ndキャラとは関わらない方が楽しめる。
    (特にDM側に移りたての頃はどうしてもプレイが雑になる傾向にある、
    これは仕方の無い事でもあるので生暖かく見守ってやって欲しい)

  • 最初のプレイで無口なキャラだと非常に困る。
    RPサーバーなので──PLが気にしてくれてる場合は多少緩和されるものの──
    PCに合わないキャラクターの場合はあまり援助して貰えない。
    最低限の社交性を持った常識的な造形にする事。

  • RPをやった事のないFLS初心者は無理せず¥会話で質問した方が良い。
    親切な人だったらきちんと答えてくれるし、もっと親切な人ならRPでの質問方法も教えてくれる。

  • RPで格好つけて死んでも経験値リカバリーは無い。
    一流の冒険者は攻めるだけでなく的確な撤退が出来なければならない。
    また、初心者の内はLVが上がった直後のDMセッションは回避した方が賢明だ。

  • 良心的なプレイヤーが案内してくれた時はきちんとお礼を言おう。

新規キャラクターのRP

ラバイバ到着~酒場

  • 演技の基本は突然こちらの世界に飛ばされて困惑するPC。

  • 最初にレベッカに話しかける時は特別な選択肢が出る。
    その選択肢を見かけたPCは大抵何かアプローチしてくれるから、きちんと受け答えする事。
    先に町を見て回ろうとしてこの段階を飛ばすと後で苦労する。
    この段階を飛ばすキャラは2ndキャラとして扱われるからだ。

  • 初心者である場合は「¥初心者ですけど~」伝えておけば2ndと区別はして貰える。

  • 面倒見の良いPLが、面倒見の良いPCを使ってる場合のみ道案内してくれる事がある。
    しかし基本は自己探索なのであんまり甘え過ぎないように。

RPの色々

RPの上達

  • RPの感覚を掴みたいなら一人のキャラを主にに育てつつ、
    2ndで弱いキャラをプレイする事を進める。
    1キャラだけだと思い入れが強くなりすぎて変な方向に行くので、
    時々2ndをプレイして別の視点を楽しむのがいい。

  • 丁寧なリアクションはRPの重要な位置を占めている。
    喋りたい事を喋るだけではなく、状況に上手く反応すると見栄えが良くなる。

RP一覧

Lv的に見たRPの指針一覧

善側

Lv 指針 内容
3~5 ひよっこ 夢見る冒険者。
6~8 一般 少しこなれてきたけど、モンスターはヤッパリ怖い
9~11 ネームド 街に顔が売れてきた。挨拶する人は名前で呼んでくれる
12~14 ベテラン 週刊誌のトップを飾ることもある。名士は挨拶にくる
15~17 ハイネーム 領主だったり指揮官だったり。しばらく見ないとドラゴンに挑戦していたりする。
18~19 ローエピック 既に名前は伝説級であり、その名前は国力に匹敵する
20~ エピック 神になろうかという人物。国王がお伺いを立てる

悪側

Lv 指針 内容
3~5 ちんぴら 最も下っ端、冒険者を襲うなんて考えられない!
6~8 強盗 兵士や上官に従って活動する。名前を名乗ることはまだ許されない。
9~11 兵士 名前を名乗ることが許される。優れた兵士であり、悪の前線を取ってになう
12~14 司令官 村や町を遅う計画を練りはじめる。上司の命令には絶対
15~17 黒幕 裏で画策し、自分は手を下さない。
18~19 真の黒幕 黒幕を操る。普段は顔すら見られない。
20~ 己を神と名乗る不届き者。しかしそれを止められる者はいない。