※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



略語・用語集



NWN~TRPG基本用語

AC

  • アーマークラスの略、攻撃を盾や鎧で受け止めた事と、避けた事を同時に表すルール。
    この値が高い程相手の攻撃がミスしやすくなる。

DM

  • ダンジョンマスターの略。シナリオ全体の進行役で苦労も多いが、
    DMしか味わえない快感もある。
    PLのリアクションが悪いと非常に苦痛を感じるので、
    そんな時は続編のあるシナリオでも早々に終わらせたがる。

ECL

  • effective creature levelの略。
    職業や種族ごとに決まっており、高いとクリーチャーからの経験点が減る。

NPC

  • ノンプレイヤーキャラの略。PC以外の全てのキャラクターを示している。
    NWNの場合DMが動かすキャラと、スクリプトで動いているキャラが居る訳で、
    そろそろSPCと言う造語が出てきても良いと思うのだが。

PC

  • プレイヤーキャラクターの略。RPG上の仮想人格でプレイヤーとは別。
    PCを演じる事がTRPGの基本の遊び方の一つ。

PL

  • プレイヤーの事。モニターの前に座ってニヤニヤしてる貴方の事。
    基本的にプレイヤーの知識を初級PCに反映するのは好まれないし、
    プレイヤーより頭の良いキャラを演じるのは端から見てるとかなりダサい。

RP

  • ロールプレイングの略。本来は社員教育用の一手法。
    顧客や販売員などの(社会的)役割を演じさせて問題点や解決法を考えさせるというもの。
    社会的立場から性格を逆算して演じるのがRPで、
    性格に社会的立場を後付するのがなりきりプレイらしい。

イニシアチブ

  • その場の主導権。イニシアチブをとった側が先に攻撃判定を行なうが、
 NWNはプレイヤーの裁量がかなり出てくるので、あまり意味がない。

雛形

  • 実物をまねて小さく作ったもの。基本的な様式を記述した手本。
    このwikiにあるキャラ作成コーナーには各キャラの雛形を置いてある。
    雛形を基本にして作成する事によって初心者でもそれなりのキャラが作れ、
    初心者だからキャラ弱い、操作も下手、と言う絶望的な状況を回避出来る。

マンチキン

  • だたをこね、自分に都合の良い主張を通してもらおうとするプレイヤーのこと。
    日本では何故かルールの隅々まで調べて強力なキャラクターを作る人もこう呼ばれるが、
    FLSの場合、敵の強化が玄人に合わせてある上に特殊なAIが入ってるので、
    初心者は考えられる限り最強のキャラを作らないと非常に辛い。
    ただし、DMに魔法の装備を寄越せとしつこくねだるのとかはNG。

ワンダリング

  • 直訳すると「あてど無く彷徨う」

FLS専用用語